朝食について

食事・栄養・レシピ2021年5月14日

一気に気温が下がり、やっと秋らしくなりましたね。秋といえば「運動の秋」「読書の秋」「食欲の秋」とよく言いますが、皆さんはどんな秋が好きですか?私は食欲ですかね。いっぱい食べたいのでもちろん運動もしっかりやりますよ!
さて今回は「食欲の秋」にちなんで、朝食の重要性についてお話したいと思います。皆さんは朝食しっかり食べていらっしゃいますか?今の日本では、働き盛りと言われている年代の人ほど朝食を摂らない事が多く、男性30歳代で約30%、女性20歳代で約25%に上るそうです。脳はブドウ糖をエネルギー源としています。このブドウ糖を脳で貯めておくことができないので、朝起きてなにも食べないで活動を始めると、脳のはたらきは悪くなります。また、朝食は寝ている間に下がった体温を上昇させるのにも必要で、腸の活動を活発にしてくれるので、便通もよくなります。

先日、シアトルマリナーズのイチロー選手が10年連続200本安打を達成されましたね。有名な話ですが、イチロー選手は毎朝カレーを食べているそうです。(最近はうどんに変えたとゆう噂もありますが。)その影響か、一時期「朝カレー」がブームになりましたね。朝にカレーを食べることがなぜいいのか調べてみました。
カレーのスパイスと漢方の生薬は同じものが多く、さまざまなスパイスや生薬を組み合わせて使う点も似ているそうです。その為、カレーを食べると脳の血流量が増え酸素が脳に行き渡り、脳が活発に動き出します。個人差はありますが、集中力や計算力が高くなるという人もいます。市販のルーには15〜30種類のスパイスが含まれているのでそれに野菜も沢山入れれば栄養満点ですね。様々なスパイスの中でも脳を活性化させるのは、カルダモンやディルといったスパイスなんだそうです。また、スパイスは熱に弱いので煮込みすぎず、火を止めて味を染み込ませると良いそうです。

朝食は1日をスタートさせる為に重要な役割をしています。今まで朝食を食べずに1日をスタートさせていた方、これを読んで朝食を食べる習慣をつけて頂けたら嬉しいです。これから寒くなるので、朝食を食べ身体を温めて素敵な1日をスタートさせてください。


(田野倉)

画像(1):野菜たっぷりのカレーを作りました
※画像撮影者/田野倉
写真:野菜たっぷりのカレーを作りました

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。