改めて、プロテイン(前編)

食事・栄養・レシピ2021年2月11日

フィットネスエリア担当の井上です。
今回はみなさんで気になっている方も多い
「プロテイン」についてお話ししたいと思います。

私たち人間は何で出来ていると思いますか?
ビタミン・ミネラルも含まれていますが、
人間の大部分は「タンパク質」で出来ているといっても過言ではありません。
筋肉・骨・血液・髪の毛・皮膚・爪など多くの部位がタンパク質で出来ています。
そう聞くと「タンパク質」って大事なのかな?と感じると思います。

≪タンパク質が不足すると何がおこる?≫
肌や髪のハリ、ツヤが無くなる。肌と言えばコラーゲン。
このコラーゲンも「タンパク質」から構成されています。
タンパク質が不足すればコラーゲンそのものが減少していき、
たるみの原因にもなります。
髪の毛にも「ケラチン」というアミノ酸成分で構成されており
「タンパク質」が不足するとハリ、ツヤ、枝毛、薄毛の原因にもなります。

また思考力や集中力の低下。
やる気の源である脳内神経伝達物ドーパミンがあります。
このドーパミンも「タンパク質」から出来ており、
不足すると集中力が低下したり、
ぼーっとしたり、やる気が出ないなどの状態になる
可能性があります。

では「プロテイン」について大きく3つに分けて
お話していきたいと思います。

1.「プロテイン」って何?
2.「プロテイン」の種類と特徴
3.「プロテイン」はいつ飲めばいいのか?

1.「プロテイン」って何?

まず最初に「プロテイン」とは。
「プロテイン」は英語で「タンパク質」を意味する言葉です。
よく「プロテイン」と聞くとムキムキになっちゃうとか、
スポーツ選手が飲むものと思われがちですが、
そのようなことはありません。
「プロテイン」は人間の身体を作る大事な栄養素と思ってください。

2.「プロテイン」の種類と特徴

次にプロテインの種類についてです。
代表的なものが「ホエイ」「カゼイン」「ソイ」の3つです。

『ホエイ』
牛乳から乳脂肪と固形タンパク質を除いて
残った物がホエイ(乳清)です。
一般の食卓ですとヨーグルトがそれにあたります。
ヨーグルトのフタを開けたときに半透明の液体がありますが、
あれが「ホエイ」です。
「ホエイ」は吸収率が早いため
運動直後の栄養補給に向いているのが特徴です。

『カゼイン』
ホエイを作る過程で取り除いた
固形タンパク質から作ったのが「カゼイン」になります。
一般の食卓ですとホットミルクなどがそれにあたります。
時間が経つとホットミルクの表面に薄い膜ができます。
あれが「カゼイン」です。
「カゼイン」は「ホエイ」より吸収がゆっくりな為(吸収まで約4時間)
腹持ちがいいという特徴があります。

『ソイ』
大豆を原料として吸収は緩やかで
「カゼイン」同様に腹持ちが良く、
更に大豆に含まれるイソフラボンが美肌、脂肪燃焼などの効果も期待できるため
女性におすすめのプロテインともいえます。

今日はここまで。
気になる3つめは次回、
「改めて、プロテイン(後編)」にてお話しいたします!

写真:
画像(1)

写真:
画像(2)

写真:
画像(3)


(井上)
写真: 写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。