心も身体も健やかに

健康2021年2月28日

今日は、はり師・きゅう師であるツアースタッフ岡田より
春の養生のお話をしたいと思います。

日本の暦で立春は今年は2月3日。
中医学的に見ても2月・3月・4月は春となります。
まだ寒いですが、少しずつ陽も伸びてきて、
昼間は少し気温が上がる日も増えてきましたね。
中医学の陰陽五行論で春は五臓六腑でいう「肝」が深く関係していて、
西洋医学で「肝臓」は「血」を作る為の栄養素を蓄えていますが、、
中医学でも「血」とも関係しています。

まずはこの時期に、体で影響しやすい事について〜

●風邪をひきやすくなる。
 〜風邪の様々な症状で体調がすぐれない〜
●目の症状が出やすくなる。
 〜目の充血、目のかゆみ、涙、鼻水、頭痛など出やすくなる〜
●爪が割れたり、影響が出やすい。
●筋肉にも影響が出やすい。
 〜足がつりやすくなる、肩こりなど〜
●感情としては「怒」
 〜環境も変わる時期ですから慣れない環境によりイライラしやすくなる〜

これらを考えると、そうならない為には適度な運動が必要になります。
(冬は一年の中でエネルギーを使うので、
睡眠をたっぷりとって春に向けてエネルギーを溜めるのが大切です。)
元気な身体作り(血流を良くする・免疫機能を下げない)をして、
またリフレッシュをして気持ちも穏やかにしていきましょう。
この時期の食べ物は
・青い食べ物!菜の花、春菊、シソ、イワシなどの青魚等
 ※イワシは皮膚や粘膜を守ってくれるビタミンB2が多いので、免疫機能低下の予防にも期待です!
・酸味があるもの(適度に)
・スモモ
・韮
・鶏肉
・麦
等を召し上がると「肝」の働きを良くしてくれるため、
上記の症状も予防できると言われています。

また、心と身体は繋がっています。
イライラすることで、交感神経が働きっぱなしに。
そうなると・・・・・
血管収縮(交感神経の働き)⇒血流が悪くなる⇒
⇒ホルモンは血液を通して体内を循環しているので、
様々な症状が現れやすくなる・筋肉にも影響・眠りが悪くなる・
体温調節が上手くいかなくなるなど様々な不定愁訴に繋がっていきます。

・トレーニングで身体を温めて、心と身体をリフレッシュ。
パーソナルストレッチで筋肉を緩め、身体を温めて、心と身体をリフレッシュ。
スタジオレッスンで身体を温めて、心と身体をリフレッシュ。
ホットヨガで身体を温めて、心と身体をリフレッシュ。
SPAで身体を温めて、心と身体をリフレッシュ。

総合型フィットネスクラブであるRAFEEL恵比寿では
お客様個々に合った過ごし方ができますので、
是非その日の気分、体調で施設を上手にご活用ください。

まだ寒いが続きますので、体調には気を付けて元気に過ごしましょう!


(岡田)

画像(1):2月梅の花
画像(2):フィットネスエリア
画像(3):女性専用ストーンヨガスタジオ
画像(4):女性専用炭酸泉
※画像撮影者/岡田
写真:2月梅の花 写真:フィットネスエリア 写真:女性専用ストーンヨガスタジオ 写真:女性専用炭酸泉

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。