味噌汁を楽しみ尽くす

Circles(VILLAGE)2020年9月28日

イベント参加人数

9名

皆様、こんにちは!
7/25(月)RAFEEL VILLAGEにて「色々な出汁の取り方を身につけ味噌汁を楽しみ尽くす」
というワークショップを開催いたしました。

こちらは出汁の種類や味噌の種類、入れる材料によって無限に変化する
味噌汁を楽しみ尽くし、出汁の取り方や理想の塩加減も含めて家庭での味噌汁を
楽しむ方法を学ぶワークショップでした。

まずは講師の石橋さんの自己紹介です。
家庭の食卓を楽しくするお悩み解決のカウンセラーのお仕事や出張料理人として活動されています。
美味しさをコントロールするワークショップも毎月開催されています。

ご参加いただいた皆様も自己紹介をしていただき、皆様がどんな思いでこのワークショップに
参加して下さったのかということを知れる時間となりました。

写真:講座の様子
画像(1)講座の様子

まずは石橋さんによる、味噌汁は何から出来ているのか?という講座から。
そこから話しは膨らみ、おいしさの法則とは?食事の中で素材がどれだけ大切かというお話し。
美味しさとは旨みと塩気のバランスで、旨みが強すぎると旨すぎて不味い現象が生じるというお話しには
そうかも!と思いました。

そして各家庭によって味は異なり、お母さんの味がその人の基本の味となっているのですよ、ということも。
手料理が出来ると自分の健康や家族を守ることが出来るので、手料理がいかに大切かというお話しも聞けました。

写真:出汁は基本の昆布、鰹節、海藻、切り干し大根、椎茸。 具は玉ねぎ、大根、きゃべつ、人参
画像(2)出汁は基本の昆布、鰹節、海藻、切り干し大根、椎茸。 具は玉ねぎ、大根、きゃべつ、人参

講座が終了し、いよいよ出汁の取り方の実践へ!
お味噌は石橋さんお手製の味噌と赤味噌、白味噌。
出汁は基本の昆布、かつお節、海藻、切り干し大根、椎茸。
具は玉ねぎ、大根、きゃべつ、人参です。

二つのグループに分かれ異なる出汁を使って、まずは出汁を楽しみます。
1つのチームは海藻やかつお節等を使ったお出汁、もう1つのチームは昆布、椎茸、切り干し大根ベースのお出汁。
少量でも出汁はしっかりと出ることにびっくりしました。
恥ずかしながら普段はお味噌汁を作るときには出汁パックを使ってしまうので、これだけの材料でしっかりと
出汁が出ることにびっくり。ここに塩分が加わればもう立派なお吸い物や、お味噌汁になります。

写真:
画像(3)

その後も時間の経過や野菜を加えることによる味の変化を感じ、
それぞれのチームの味の違いを確認しあい、お出汁を十分に楽しみました。
その後は味噌を加えて完成です!

写真:石橋さんお手製のおむすびと自然栽培のお野菜のぬか漬け
画像(4)石橋さんお手製のおむすびと自然栽培のお野菜のぬか漬け

石橋さんお手製のおむすびと自然栽培のお野菜のぬか漬けがきれいに盛られていよいよ皆でお食事です。

写真:皆でお食事
画像(5)皆でお食事

スタッフ草間より生姜の佃煮の提供もあり、お味噌汁、おむすび、ぬか漬けと充実のお食事です。
さらにRAFEEL BARを同時開催し、スタッフ濱崎による和食に合うお酒も一緒に楽しみました。
食事の間も石橋さんによるおにぎりとおむすびの違いは?など、豆知識を学べたり、
参加の皆様から質問が出たりと充実のひと時を過ごすことが出来ました。

今回ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。
今後もOASIS RAFEELでは皆様にお楽しみ頂けるイベントを開催していきたいと思います。


(斉藤)

画像(1):講座の様子
画像(2):出汁は基本の昆布、鰹節、海藻、切り干し大根、椎茸。 具は玉ねぎ、大根、きゃべつ、人参
画像(4):石橋さんお手製のおむすびと自然栽培のお野菜のぬか漬け
画像(5):皆でお食事
※画像撮影者/斉藤
写真:講座の様子 写真:出汁は基本の昆布、鰹節、海藻、切り干し大根、椎茸。 具は玉ねぎ、大根、きゃべつ、人参 写真: 写真:石橋さんお手製のおむすびと自然栽培のお野菜のぬか漬け 写真:皆でお食事

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。