東急スポーツオアシス TOKYU OASIS 東急オアシス

【1日3分】寝たままお腹を引き締める!真夏に向けた簡単腹筋トレーニング


一年を通して最も薄着になる夏がやってきます。お腹のラインをスッキリ整っていると、どんなファッションも自信を持って着こなせますよね。
そこで今回は、家で寝ながらできる“腹筋トレーニング”をピックアップしてご紹介します。お腹をねじる動きをプラスしているのが、このトレーニングメニューのポイント。薄いお腹と美しいくびれを手に入れて、真夏のおでかけを楽しみましょう。

腹筋運動にひねりを加えた「ツイストクランチ」

身体の上体を起こす一般的な腹筋運動にひねりを加えることで、お腹の横側の筋肉が伸び縮みしているのを感じられるトレーニングです。身体をひねるときは、両手の指先を均等に上げること、足を動かさないことを意識しましょう。
手順

1. 斜めの方向に上半身を持ち上げて、身体をひねります。
2. 上体を上げたまま3秒程キープして、ゆっくりと戻してください。
3. 左右の両方向、各10回ずつを目安に行いましょう。

ねじりの動きでウエストを刺激する「クリスクロス」

お腹の真ん中から脇腹に向かって走る「腹斜筋」を刺激するトレーニングです。足をなるべく遠くに伸ばして、お尻が床から離れないように意識するといいですね。難しい場合は、無理に肘と膝をタッチしなくても大丈夫です。できる範囲で頑張りましょう。
手順

1. 仰向けになり、膝を曲げた状態で片足を上げます。
2. 両手で頭を支えながら上半身を持ち上げ、対角の肘と膝をつけるように動かしてください。
3. 上体を上げたまま、手足を交互に10回入れ替え続けましょう。

「V字クランチ」で最後のもう一押し

お腹の正面にある腹直筋を刺激する筋トレです。股関節周りの筋肉や太ももの筋肉にもアプローチすることができます。Vの字になるときに息を吸い、戻るときに吐いて、自然な呼吸を続けることを心がけましょう。
手順

1. 仰向けになったら、膝をまっすぐに伸ばし、両手はバンザイのポーズで頭の上に置きます。
2. その基本姿勢から上体と下半身を持ち上げて、全身でVの字を作ってください。
3. 上体と下半身を均等に持ち上げるように気をつけて、5回を目安に頑張りましょう。

以上、寝たままお腹を引き締める!真夏に向けた簡単腹筋トレーニングメニューでした。少しキツい筋トレかもしれませんが、寝ながら取り組めるというメリットもあるので、隙間時間を活用してトライしてくださいね。

MEDIA TOP

OASIS RECOMMEND

OASISを持ち歩く、WEBGYMで繋がる。

運動したいけど、近くにジムがない、忙しくて通えない。自宅や職場など色々な所で運動がしたい。そのような方向けのアプリです。

あなたらしいトレーニングを、ご自宅で。

親しみやすいフィットネスグッズから本格派トレーニングアイテムまで、バラエティ豊かな商品をお届けいたします。

1日10回寝たままやればいい。簡単腹筋トレーニングメニュー

キュッと引き締まったウエストや線の浮き出た腹筋に憧れる方は多いはず。ハードル低めな寝たままできる腹筋トレーニングをご紹介します。

筋トレは朝と夜のどちらが効くの?それぞれのメリット&デメリットを解説

忙しい毎日を送っている方でも、特に自由な時間を生み出しやすいが朝と夜に注目。それぞれの時間帯でトレーニングをした場合のメリットとデメリットを解説します。