辛い食べ物で暑い日を乗り切ろう!

食事・栄養・レシピ2021年4月19日

9月に入りまだ暑い日が続いていますね。アイスクリームやかき氷ももちろん食べたくなりますが、こんなに暑いのに、辛いものを食べたくなる方も多いのではないでしょうか?私も先日、激辛ラーメンを食べてきました!では、なぜ人は暑い日に辛いものを食べたくなるのでしょうか?

辛いものを食べることには、「食欲増進」「代謝の促進」というメリットがあります!
「食欲増進」は、言葉通りですが、夏は特に食欲が落ちやすい季節だと言われています。なるほど!だからこそ辛いものを食べたくなるんですね!

次に「代謝の促進」ですが、暑いと代謝量が低下してきます。そんな低下してしまった代謝を、辛いものを食べることによって促進させることができるのです!唐辛子などの辛みのあるものは、神経系に直接働きかけるため、汗をかいたり代謝を促進させる効果がとても高いそうです。
発汗作用があり、代謝も促すことができる。このことも辛いもの食べたくなる理由の1つに考えられそうですね。

ちなみに汗は、体の表面から熱を奪い、上がりすぎた体温を調整し、また、お肌の状態を保つのにも役立っています。皆さんも、カレー、キムチ料理などの辛いものを食べてこの暑い日々を乗り切りましょう!もちろん、常識内の量で上手に取り入れてくださいね。


(澤田)

画像(1):激辛ラーメンで「食欲増進」「代謝の促進」
※画像撮影者/広瀬
写真:激辛ラーメンで「食欲増進」「代謝の促進」

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。