白菜と豚肉のミルフィーユ鍋

食事・栄養・レシピ2020年10月27日

いよいよ寒さが本格化してきましたね。本日はそんな寒い冬にもってこいの料理を紹介します。「白菜と豚肉のミルフィーユ鍋」という料理です。白菜と豚肉を交互に重ねて、コンソメと塩、コショウで味付けし、コトコト煮るだけという簡単な料理ですが、味は最高です。コンソメの代わりに和風だしの素を使うのもアリです。私は、実は白菜があまり得意ではないのですが、そんな私でもおいしく食べることができます。ちなみに、最近は月2回ぐらいのペースで食べています。

この料理、栄養も満点なのです。白菜にはカルシウム、ビタミンC、鉄、カリウム、マグネシウム、カロチン、イソチオシアネートなどが含まれています。カリウムには、取り過ぎた塩分を体の外に出す成分があり、高血圧予防につながります。またイソチオシアネートには、発がん物質の抑制する作用があると言われています。このような体に良い栄養素が入っているのです。また芯の部分には特に栄養が詰まっているので、芯の部分もちゃんと食べましょう。カロリーも100gあたり12kcal程で非常に低いので、たくさん食べても安心です。豚肉には、良質なタンパク質だけでなく、疲労回復に効果があるビタミンB1も多く含まれています。白菜と豚肉を一緒にとることで、風の予防にもなります。
 
この冬はぜひオアシスでの運動と、白菜と豚肉で乗り切りましょう!


(青木(拓))

画像(1):白菜と豚肉のミルフィーユ
※画像撮影者/青木(拓)
写真:白菜と豚肉のミルフィーユ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。