チョコレートについて

食事・栄養・レシピ2020年10月31日

今回は私の大好きな「チョコレート」についてです。
チョコレートと聞くとダイエットの敵であったり食べるのを我慢している人もいるのではないでしょうか。しかしチョコレートは実はとても体に良い食べ物なのです。

チョコレートは脂肪分が多いですが、脂肪の質が良いので、血中の悪玉コレステロール値は上がりずらく、高カロリーですが、それは砂糖とカカオバターによるもので、カカオバター自体の脂肪はたまりにくくさらに脂肪分解の効果もあります。さらに、チョコレートの香りには実は集中力や記憶力を高める効果もあります。チョコレートといえばワイン同様にポリフェノールが多く含まれています。チョコレートに含まれているカカオ・ポリフェノールには、動脈硬化やがんの予防、ストレスに打ち勝つ効果があるといわれています。

このように様々な効果があることは非常に嬉しいことですが、ただ体に良いからといって好きなだけ食べていいということではありません。
高脂肪・高カロリーな食品ですので、食べ過ぎに注意すること、カカオの成分が多く含まれているものを選ぶことが大事です。
運動後には甘いものが食べたくなることがありますよね。そういうときはカカオたっぷりのチョコをちょこっと食べてみてはいかがでしょうか。


(佐藤)

画像(1):チョコレート
※画像撮影者/佐藤
写真:チョコレート

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。