腸内環境をよくするには

健康2020年8月14日

前回のブログで「腸を元気にすると免疫が上がる」とありましたね。では腸内環境を良くするにはどうすればよいかお話します。
ヨーグルトや食物繊維の多い物を食べると良いというイメージが多いですが摂取する食品によって腸内での働きが違ってきます。

ヨーグルト、糖漬け、納豆など発酵食品は菌を腸内に入れること。食物繊維(芋、大豆、ゴボウなど)は腸内菌のエサになるんです。前者は畑に種を撒き、後者は肥料を撒くイメージです。

お腹を下した時(下痢etc)は腸内菌も一緒に流れてしまうので落ち着いたらヨーグルトや味噌汁など消化にいい「種」を撒いてあげましょう。


(高橋)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。