疲れ目の予防法【戸塚】

健康2021年11月13日

みな様は最近「疲れ目」を感じていますか。今回は「疲れ目」の予防法について紹介したいと思います。
「疲れ目」とは名前の通り、目が重くなったり、かすんだりと慢性的な疲労を感じることです。「疲れ目」がひどくなると眼精疲労とも呼ばれます。

予防法をいくつかご紹介します。
1.テレビやスマートフォンを離れて使うこと
 40cm以上離すことが大切です。また、目線の高さよりも低くすることが望ましいです。

2.乾燥しないように湿度を調整すること
 乾燥は「疲れ目」の原因の1つです。エアコンの風の向きを変えて直接当たらないようにすることも効果的です。

3.瞬きの回数を意識して増やすこと
 普段、私たちは平均して20回程度瞬きをしていますが、読書やゲームをすると一気に回数が減ります。そのため、自ら意識して瞬きをすることが大切です。

これらは日常生活の中で簡単に取り組むことが出来ます。普段から意識して「疲れ目」予防していきましょう。


(神保)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。