北の大地北海道

フィットネス・エクササイズ2014年1月28日

皆さんこんにちは。連日寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
北海道出身の三輪です!

今日は北海道出身道産子の三輪が、ウィンタースポーツ(スキー・スノーボード)についてお話したいと思います。

最初に、スキーやスノーボードを行った際に使われる筋肉を説明させていただきます。ざっくりと言ってしまえば脚部はほぼ全てなのですが、その中でもやはり大腿四頭筋やハムストリングス(太もも)がメインになります。それに次いで中殿筋(腰とお尻の付け根)が使われます。ただ、僕の経験上スキーやスノーボードをした次の日は全身が筋肉痛になってしまいます。足がメインに筋肉が使われますので、脚部を鍛えたい方には良いかと思いますが、案外しっかりと全身運動になるのかもしれませんね。

次に、スキー・スノーボードを1時間行った際に消費されるカロリーについて説明させていただきます。体重によって消費されるカロリーは違うのですが、体重が40kgの方なら約300kcal、60kgの方なら約450kcal、80kgの方なら約600kcalが1時間で消費されます。そして滑る道の傾斜角が大きく、速度が速いほど消費カロリーは多くなります。

そして、この機会に是非!北の大地北海道へ来てみるのはいかがでしょうか!極寒の地に降る雪は非常にサラサラで、パウダースノーを楽しむ事ができます!

写真:北海道の雪はサラサラです!
画像(1)北海道の雪はサラサラです!

この寒い季節、運動するのに外へ出るのは腰が重くなってしまいがちとは思います。そんなときこそウィンタースポーツを楽しんで体を動かしてみませんか?

以上、道産子三輪でした。


(三輪)

画像(1):北海道の雪はサラサラです!
※画像撮影者/三輪
写真:北海道の雪はサラサラです!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。