紫外線対策

ダイエット・美容2013年7月25日

梅雨もあっという間に明け、毎日暑い日が続いていますが、みなさんはどのようにお過ごしでしょうか?
夏の強敵はやはり紫外線(日焼け)ですよね。そんな紫外線との上手な付き合い方をご紹介したいと思います。

日焼け止めクリームに書かれているSPFとPA+の意味は知っていますか?
SPFは紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものです。

SPF1は日焼けするのを何も付けない状態より20〜25分遅らせるという意味なのでSPF30は30×20〜25=600〜750、
10時間以上の日焼け防止効果があるということになります。
ですから、SPFの値が高いものを選びがちですが、高いとその分肌への負担も大きくなります。

目的に応じて日焼け止めを使い分けるようにしましょう。SPF50のものをずっと使うのではなくSPF30のものを1日に何回か塗り直すといった工夫も大切だと思います!

写真:使い分けています!
画像(1)使い分けています!

PA+は+の数が多いほど防止効果があるということです!この知識を身につけ、しっかり対策し、日焼けに負けずこの夏を乗り切りましょう!!


(池田)

画像(1):使い分けています!
※画像撮影者/池田
写真:使い分けています!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。