炭酸泉

健康2020年8月3日

皆様は4月からお風呂が新しく「炭酸泉」になったのをご存知でしょうか?

写真:赤塚店のお風呂です。
画像(1)赤塚店のお風呂です。

「炭酸泉」とは、お湯に炭酸ガスが溶け込んだお風呂のことです。湯船に浸かると小さな気泡がつき身体の芯から温まります。もちろん入浴後も保温性が高いので湯冷めしにくいです。これだけでは普通のお風呂に入るのと変わらないのでは?と疑問に思う方もいると思います。炭酸泉に浸かると、炭酸ガスが皮膚から入って毛細血管が広がります。毛細血管が広がるということは血流が良くなり、血管の抵抗が減るので血圧が下がります。手先や足先まで血管が広がるのでお風呂から出ても湯冷めしにくいのです。

他にも「血流が良くなることで新陳代謝が上がる」「水質が弱酸性なので肌を引き締め美肌になる」「お腹の調子がよくなる」「筋肉を緩めリラックスできる」などの効果が期待できます!

当館の炭酸泉は約40℃であまり湯船につかる習慣がない方でも、満足して頂ける温度だと思います。入浴時間は10分〜15分くらいが目安で、複数回入浴しても大丈夫です。最近はお風呂目当てで来館される方も増えてきました。まだ利用したことのない方は是非お越し下さい!


(井手)

画像(1):赤塚店のお風呂です。
※画像撮影者/井手
写真:赤塚店のお風呂です。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。