熱中症

健康2020年10月21日

みなさん暑くなってきましたが体調はいかがでしょうか?
これからの季節に多いのが熱中症です。
熱中症とは、日射病や熱射病などの総称で、高温下での運動や労働のため、発汗機構や循環系に異常をきたして起こる病気。体温上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれん・精神錯乱・昏睡などを起こします。

日差しが強く、気温がぐんぐん上昇する夏場は思いがけず、症状の進行も早いので要注意です。熱中症は気温、湿度が高い場所で起こりやすく、普段から運動に慣れてない人、暑さに弱い人がなりやすいと言われています。寝不足や朝食を抜いた時にもおこしやすくなるそうです。
しかし、予防をしていれば熱中症は防げます。

・屋外では日陰を選んで歩き、屋内ではカーテン、すだれなどで、直射日光を防ぎつつ、風通しをよくする 工夫をしましょう。

・服装の工夫で、体に熱がこもるのを防ぐことができます。黒っぽい色の服は、熱を吸収して暑くなるため、白っぽい服にしましょう。

・のどが渇く前に水分補給をすることが必要です。水分だけではなく汗をかくと塩分も失われるため、塩分も補給しましょう。

私は熱中症対策として、部屋にすだれをして、塩分の取れるタブレットを食べています。
みなさんもしっかり予防して、暑い夏に負けないようにしましょう!!

写真:お気に入り。毎日食べてます
画像(1)お気に入り。毎日食べてます


(齋藤)

画像(1):お気に入り。毎日食べてます
※画像撮影者/齋藤
写真:お気に入り。毎日食べてます

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。