筋肉がつらないための予防策4

店舗日誌2021年7月25日

こんにちは!

本日は、「筋肉がつらないための予防策」最後の栄養素「亜鉛」です。
亜鉛は、体内に約2〜4g程含まれていますが体内で生成することができません。
骨や歯、筋肉などに多く含まれています。
ホルモンの合成や分泌の調整、DNA合成などに作用します。
身体の成長、維持に必須となる栄養素です。
また、味覚に関連する細胞をつくる働きがあるので欠かす事ができない栄養です

亜鉛が多く含まれる食材なのが、魚介類や肉などです
その中でも、オススメなのが「牡蠣」です。
100gあたりに含まれる亜鉛の量が一番多いです!
特に亜鉛を摂取する時は、クエン酸やビタミンCなどと一緒に取るとカラダへの吸収が良くなるとされています。

なので、牡蠣を食べる時はレモンなどと一緒に摂取しましょ!

注意なのがアルコールによって亜鉛の排泄量が増加するので飲酒量が多い人は注意が必要です!

〇港南区、南区、磯子区で『ジム・温泉・ホットヨガ』と言えば東急スポーツオアシス上大岡店


(小峯)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。