筋肉の動きとは?

店舗日誌2021年7月25日

こんにちは!

前回までのブログで、筋力トレーニングをする際の目的に合わした内容をご紹介していきました。

今回からは、筋肉の動きのご紹介をしていきます!

筋肉の動きは、全部で5つあります。

1.短縮性筋活動(コンセトリック)

2.伸張性筋活動(エキセントリック)

3.等尺性筋活動(アイソメトリック)

4.等張性筋活動(アイソトニック)

5.等速性筋活動(アイソキネティック)

今日は短縮性筋活動と伸張性活動についてご紹介していきます。

短縮性筋活動(コンセトリック)は、筋肉が大きい力を発揮させながら収縮して筋発揮することです。

例えば、アームカールで上腕二頭筋を鍛える際に腕を下から上に動かす動作が短縮性筋活動(コンセトリック)です。

スクワットで、下から上に上体をあげる動きも一緒です。

伸張性筋活動(エキセントリック)は、筋肉が大きい力を発揮しながら伸張して筋発揮することです。
つまり、短縮性筋活動(コンセトリック)とは真逆の動きになります。

また、エキセントリックはコンセトリックに比べ筋肉痛になりやすいです。
短縮させるよりも伸張させた方が、筋繊維に刺激が加わるので筋肉を大きくしやすいです。

次回は、等尺性筋活動(アイソメトリック)についてご紹介していきます。

〇港南区、南区、磯子区で『ジム・温泉・ホットヨガ』と言えば東急スポーツオアシス上大岡店


(小峯)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。