耐え続ける動きとは?

店舗日誌2021年7月25日

こんにちは!
本日は、等尺性筋活動(アイソメトリック)です。
関節運動を伴わない「静的」な状態での筋収縮です。

例えばレッグエクステンションのトレーニングで、筋発揮している途中で止める。
これは、筋肉の長さが変わらないように耐えている状態。
これが、等尺性筋活動です!

メリットとしては、運動経験が少ない方でも安全に行うことが出来ます!
関節運動を伴わないため、筋肉や関節へのストレスが少ないです。
そのため、安全に行うことができます。
また、道具を使わず場所を取らない為ご自宅やトレーニングの合間に行うことが出来るのもメリットの一つです。

注意していただきたいのが、アイソメトリックのトレーニングは、自分自身の力の加減次第で負荷が変わってきます。
力を抜けば負荷は軽くなりますし、全力でやれば負荷は高くなります!
また、力を入れ続けると呼吸が止まりやすくなるので止めないように注意しましょう!
筋発揮している時は、使っている筋肉をしっかり意識することも大事です

次回は、等張性筋活動(アイソトニック)についてご紹介していきます。

〇港南区、南区、磯子区で『ジム・温泉・ホットヨガ』と言えば東急スポーツオアシス上大岡店


(小峯)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。