筋膜とは?

店舗日誌2021年5月16日

こんにちは!

皆様は、「筋膜」という言葉をご存知ですか?
よく、テレビやネットで聞くことが多いのではないでしょうか。

では、「筋膜」とはなんなのか?
まずは、「筋膜」についてお伝えしていきます。

「筋膜」とは、筋肉を包み込んでいる膜のことをいいます。
筋膜は、全部で5層あります。
浅筋膜(せんきんまく)、深筋膜(しんきんまく)、筋外膜(きんがいまく)、筋周膜(きんしゅうまく)、筋内膜(きんないまく)と連続して層になっています。
筋組織ごとに、滑りあうように動いて、筋肉の保護、筋収縮の滑りのサポート、血管や神経、リンパ管を通過させる機能があります。
また、筋膜に機能異常が起こると、本来サラサラの基質が高い粘土状になり、全体の滑りが悪くなります。
そこに影響して、筋膜を通っている血管や神経、リンパ管などが圧迫されて循環障害などがおこります。

次回は、この「筋膜」の働きを改善するにはどうすればいいのかをお伝えしていきます。

〇港南区、南区、磯子区で『ジム・温泉・ホットヨガ』と言えば東急スポーツオアシス上大岡店


(小峯)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。