足腰の神様

マネージャーのヒトリゴト2020年10月30日

最近、若手スタッフの負傷が増えています。特に膝の怪我が多く、手術や長期間のリハビリを要すほどです。皆、オアシスでのトレーニングやレッスン中に生じた怪我ではなく、大学でのクラブ活動中でのことですので、そこは会員様にはご安心していただきたいですが、それにしても怪我が重なり過ぎているな、と。これはマネジャーとして、何かできないか?という思いで、地元にある「足腰神社(護王神社)」にお参りに行ってきました。

写真:御所の真横にあります。蛤御門の近くです。
画像(1)御所の真横にあります。蛤御門の近くです。

スタッフの細川も行ったことがあるらしく、ネットで調べると、結構有名な神社で怪我をされた方の回復を祈って、多くの方が絵馬に願をかけてらっしゃいました。オアシスでトレーニングをされる会員の皆様、及びスタッフが日々安全に、怪我の無いようトレーニングが出来るように、とお願いをしてきました。
写真:スポーツで痛めた足腰を治療する際に回復を祈願する方が多いようです。
画像(2)スポーツで痛めた足腰を治療する際に回復を祈願する方が多いようです。

自身、野球部時代に太もも裏の肉離れから始まり、一通りの脚の怪我をしてきた経験があるので、若手スタッフの面々には、この試練を乗越えて、心身共に一回り大きくなって、戻ってきてほしいと思います。怪我(試練)に強い選手、人であってほしいです。また会員の皆様の前に元気な姿でパワーアップして戻ってきますので、これからもよろしくお願いいたします!


(上田)

画像(1):御所の真横にあります。蛤御門の近くです。
画像(2):スポーツで痛めた足腰を治療する際に回復を祈願する方が多いようです。
画像(3):スタッフ事務所の御札です。自分用に御守を購入しました。
※画像撮影者/上田
写真:御所の真横にあります。蛤御門の近くです。 写真:スポーツで痛めた足腰を治療する際に回復を祈願する方が多いようです。 写真:スタッフ事務所の御札です。自分用に御守を購入しました。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。