たった2キロ

マネージャーのヒトリゴト2020年10月30日

イベント参加人数

26名

走った距離、2キロ。以前なら、2キロ走ることに対しての気持ちは、「簡単、それぐらいは楽に走れるのでは?」と思ってしまうほど、甘く見ていました。しかし、近年は定期的にランニングするわけでもなく、トレーニングを継続して行っている状況ではありませんでしたので、いざ走り出すと認識の甘さを痛感することになりました。

3月21日、朝からしっかり目の雨が降る中、大阪城リレーマラソンにOASIS会員の皆さまと一緒に参加しました。時間が経つにつれ、天気予報ほどは雨が降ることはなく、土のグラウンド部分のぬかるみは酷かったのですが、しっかり全員でタスキをつなぎました。42.195キロを3時間30分で走りきることができました。

会員の皆さまも私自身も、2キロもしくは4キロを何分で走ったかというよりも、その前後でのいろんなコミュニケーションのやり取りを楽しんでいらっしゃったように思います。実際、当日の打ち上げは大盛り上がりで、普段見せない会員様の表情を見れたり、いろんなエピソードを伺って楽しみました!

2キロの意味、価値は会員様とたくさんお話できたこと、トレーニングを継続することの大事さを痛感できたこと、いろんな意味で収穫大でした。もう、たった2キロとは言えません。また、皆さんと一緒に楽しめるランイベントを企画したいと思います!


(上田)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。