スポーツオアシス

筋トレは朝と夜のどちらが効くの?それぞれのメリット&デメリットを解説


健康維持やダイエットのために筋トレを始める方が増えている今、「どのタイミングで筋トレをしたほうがいいの?」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?今回は忙しい毎日を送っている方でも、特に自由な時間を生み出しやすいが朝と夜に注目。それぞれの時間帯でトレーニングをした場合のメリットとデメリットを解説します。

トレーニングは朝と夜どちらに行うべきか

朝と夜、どちらの時間帯に筋トレをしたほうが効率的なのか。結論からお伝えすると、同テーマでさまざまな研究が行われていますが、結果にバラつきがあるというのが事実です。一概にどちらのほうがおすすめとは言えないため、自分自身の運動目的やライフスタイルを踏まえた上で、それにマッチした時間帯を選択するようにしましょう。それが、結果的に効率のいいトレーニングに繋がるはずです。
これからご紹介する情報を参考にして、自分にぴったりの時間帯を選んでみてください。

「朝」に筋トレを行うときのメリット&デメリット

【朝のメリット】
・本格的な活動を始める前に身体が温まって代謝がアップすることで、1日トータルの消費カロリーがアップしやすくなる。
・適度な筋トレには集中力を高める効果があると言われているため、そのあとの仕事が勉強の時間が充実しやすくなる。

【朝のデメリット】
・体温が上がっていないため、ケガをしやすい。自分を追い込むような激しいトレーニングは控えたほうがいい。
・早起きが苦手な人は要注意。睡眠時間を削って運動をすると、生活の質を下げてしまうことに。心身の不調にも繋がるため、適切な睡眠時間を確保することを優先したい。

「夜」に筋トレを行うときのメリット&デメリット

【夜のメリット】
・体温がきちんと上がっているため、高重量を扱うような筋肉に負荷をかけるトレーニングを行いやすい。
・就寝時間の3時間くらい前に適度に身体を動かすと、寝つきがよくなる。睡眠の質が上がると成長ホルモンが出やすくなるため、筋肉の修復と合成が促進されることが期待できる。

【夜のデメリット】
・仕事や他の予定が入り、トレーニング時間が圧迫されることも。予備日を設けたトレーニングスケジュールを組んで、柔軟に対応するのが◎。
・就寝前に激しく身体を動かしてしまうと、寝つきが悪くなることもあるので注意が必要。クールダウンの時間や、リラックスする時間もきちんと確保したい。
以上、朝と夜にトレーニングを行った際のメリット&デメリットについての解説でした。一番大切なのは、毎日の生活のなかに無理なく運動を続けられるタイミングをみつけることです。1日3分でもOKなので、継続しやすい時間に身体を動かしていきましょう。

MEDIA TOP

OASIS RECOMMEND

OASISを持ち歩く、WEBGYMで繋がる。

運動したいけど、近くにジムがない、忙しくて通えない。自宅や職場など色々な所で運動がしたい。そのような方向けのアプリです。

【3つの秘訣】春こそ理想の身体を叶えよう。ボディメイクを継続するポイントとは?

春はなにかをスタートしたくなる季節。ボディメイクを継続し目標達成を叶えるためのポイントを3つご紹介します。

【ダンベル要らず】ペットボトルで1日3分の簡単筋トレ!夏に向けて二の腕スッキリを目指すメニュー

薄着になってくると気になるのが、二の腕のタプタプお肉です。おうちにあるペットボトルを活用した「二の腕をスッキリさせるトレーニングメニュー」をご紹介します。