夏までに腓腹筋を鍛える

フィットネス・エクササイズ2020年9月28日

気温の変化が大きい今日この頃、皆さんお変わりありませんか?これからジメジメした梅雨の時期を迎えますが、真夏への美ボディー作成ラストスパートの時期でもあります!
今日は、夏はもちろん一年中露出度の高い腓腹筋(ふくらはぎ)を『メリハリのあるカッコよい腓腹筋』にするトレーニングをご紹介します。腓腹筋は『第二の心臓』とも呼ばれくらい重要な筋肉になります。

写真:ここが腓腹筋です。
画像(1)ここが腓腹筋です。

このトレーニングは筋肉をつけるだけではなく、『むくみ』の解消にもつながるので日常習慣として活用してみてください。特に用具は使わず、今すぐお試しいただけるトレーニングです。ちょっとした段差を利用して行うと、さらに効果を感じるとおもいます。まず、つま先立ちでバランスをとります。(不安な場合は、壁などに手をついて支えください)この時点で、ふくらはぎが効いているのがわかります。
写真:しばらくこの体勢をキープします
画像(2)しばらくこの体勢をキープします

しばらくこの体勢をキープ後、ゆっくりとカカトを下ろしていきます。平らな場所で行う場合は、床にカカトがつく手前でキープしましょう。
写真:出来る所までゆっくりと下げます
画像(3)出来る所までゆっくりと下げます

この動作を繰り返しおこないます。とても簡単に感じませんか?これなら、歯磨きをしながら、家事をしながら,通勤時電車のつり革につかまりながらなど、ちょっと気がついた時に行える手軽なトレーニングです。
サンダルやショートパンツの活躍する季節。キュッと引き締まった『ふくらはぎ』を手に入れましょう!!


(小原)

画像(1):ここが腓腹筋です。
画像(2):しばらくこの体勢をキープします
画像(3):出来る所までゆっくりと下げます
※画像撮影者/笹井
写真:ここが腓腹筋です。 写真:しばらくこの体勢をキープします 写真:出来る所までゆっくりと下げます

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。