簡単!!ヨガ「三日月のポーズ」

フィットネス・エクササイズ2019年10月23日

皆さんこんにちは。まだまだ寒い日が続いていますが、元気に過ごされていますか?
今月はかんたんヨガのポーズシリーズという事ですが、今回は「三日月のポーズ」をご紹介します。
三日月のポーズは頭上で合掌し側屈するヨガのポーズで、普段使用しないわき腹部分を伸ばし、血行を良くします。また、脊椎の左右側面を伸ばし柔軟にする事で、姿勢改善にもつながります。
1、リラックスして立ちましょう。左右の足の重心は均等にします。初心者の方は足幅は腰幅にし安定してきたら脚は閉じて行います。息を吐きながら、胸の前で手の平を合わせ、息を吸いながら合掌した手を頭上に上げて行きます。背骨、身体の両側面を気持ちよく伸ばしていくイメージで上に身体を引き上げましょう。

写真:スタートポジション
画像(1)スタートポジション

2、1の状態から、息を吐きながら上体を横へ倒します。倒した方と反対側の側面が伸ばされます。バランスを崩しやすい方は、倒す方と反対側の足裏を意識し行なってみましょう。

写真:斜めに身体を倒します
画像(2)斜めに身体を倒します

さらに、立位では厳しいという方には、椅子を利用しての動きがオススメです。
椅子に座った上体で、背筋を伸ばし行います。

写真:立位がキツイ方は椅子に座って行いましょう
画像(3)立位がキツイ方は椅子に座って行いましょう

寒さで前かがみになりやすいこの季節、時々、呼吸とともに身体を伸ばし、キレイな姿勢を作りましょう!


(山田)

画像(1):スタートポジション
画像(2):斜めに身体を倒します
画像(3):立位がキツイ方は椅子に座って行いましょう
※画像撮影者/内村
写真:スタートポジション 写真:斜めに身体を倒します 写真:立位がキツイ方は椅子に座って行いましょう

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。