梅雨を上手に乗り切りませう。

店舗日誌2020年8月5日

県内でも平年より12日早く、昨年より17日も早い梅雨入りとなりました。これは観測史上2番目に早い梅雨入りとのことで、これからしばらくはうっとうしい日が続きます。

お天気が安定しないとなんとなくカラダがだるかったり、気分がスッキリせずにやる気が停滞したりなりがちです。これは気温や湿度の変化が大きいこの時期の特徴に、カラダの恒常性(ホメオスタシス)がついていけなくなるからと言われてています。そんな時にはどうしたらよいのでしょうか?

私は毎日の生活が不規則になりがちなシフト勤務で動いています。遅番で帰宅すると日付が変わってから既に小一時間ほど経ってしまっていますが、それでも疲れをためないために、帰宅後のお風呂にゆっくり浸かることを心掛けるています。終日館内にいると、抹消の血流が悪くなり、汗をかくことがあまりありません。汗腺の働きを改善するためにもお風呂は手っ取り早い方法なのです。しかも家族が入ってから時間が経ってますから湯温も38度くらいと低めです。この低めの温度が神経を癒すには丁度いいのです。

また、晴れた日にはなるべく陽に当たるようにしています。陽に当たることで体内時計を整え睡眠の質をよくする効果を得ることが狙いです。紫陽花・枇杷・無花果・でんでん虫…、季節の移ろいが顕著なこの時期は、周りを見渡すと優しい気持ちにさせられるモノであふれています。これで憂鬱になりがちな気分もリセットできるのです。

あまり難しく考えず、簡単に取り組める自分なりの方法を探してみてはいかがでしょうか?もちろん、トレーニングでストレス発散っ!!もおススメですよ。


(鈴木)

画像(1):紫陽花(アジサイ)です。でんでん虫が似合う花BEST1。
画像(2):枇杷(びわ)です。今月末頃が食べごろでしょうか。
画像(3):無花果(イチジク)です。読めましたか?
※画像撮影者/鈴木
写真:紫陽花(アジサイ)です。でんでん虫が似合う花BEST1。 写真:枇杷(びわ)です。今月末頃が食べごろでしょうか。 写真:無花果(イチジク)です。読めましたか?

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。