道の駅の旅(山梨県・富士吉田編)

店舗日誌2009年9月13日

道の駅の旅。今回は山梨県です。
山梨県には14箇所の道の駅がありますが、今回は『富士吉田』の道の駅に行って来ました。

『富士吉田』と聞いて、真っ先に思いつくものありますか?
最近、讃岐うどんと並ぶくらいブームになっている富士吉田うどんです。
雑誌やテレビでもご当地グルメとして取り上げられているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?
歯ごたえのある麺が特徴的で、茹でたキャベツと馬肉のしぐれ煮がのっているのがメジャーなようです。うどんの歯ごたえがクセになります。ぜひお試し下さい。

道の駅内でもうどんを食べれますが、その他に地ビールを楽しめるお店や富士山からの湧き水を持ち帰れる場所があったりと沢山の人で賑わってました。
その中でも、私の一番のオススメは・・・富士山レーダードーム館です。
この展示館には平成11年の閉鎖になるまでの35年間、富士山頂で実際、気象観測をしていたレーダードーム(※画像1参照)や観測所が出来るまでの壮絶な歴史が数多く展示してあります。
こんなに大きなドームをどうやって富士山頂に運んだのか、日本一星に近い場所から見る夜空はどうなんだろうなどなど・・・そんな疑問もここにくれば解決です。
富士山頂の気温を体感できたり、レーダードームの中側を観察出来たりと珍しい体験も出来るので大人から子供まで十分楽しめると思います。
夏休みの自由研究にもオススメです。
でもちょっと時期がずれちゃったので来年の夏休みにでも活用してみてください。

少しずつ肌寒くなってきたので、次回はあったかのんびり温泉のある道の駅を廻ってみようかと思います。


(小原)

画像(1):実際使用していたレーダードーム
画像(2):富士吉田のスタンプはやっぱり富士山
※画像撮影者/小原
写真:実際使用していたレーダードーム 写真:富士吉田のスタンプはやっぱり富士山

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。