東急スポーツオアシス TOKYU OASIS 東急オアシス

寝たまま冬太り解消を目指す。1日10回の簡単ダイエット筋トレメニュー

寝たまま冬太り解消を目指す。1日10回の簡単ダイエット筋トレメニュー
年末年始の暴飲暴食&運動不足をリセットし、スリムな体型を目指すなら、冬のうちに筋トレを始めましょう。実は、寒い冬こそダイエットをするべき理由があるんです。その気になる理由とおすすめの簡単トレーニングメニューをご紹介します。
目次
基礎代謝が上がる冬こそダイエットをしよう
寒い環境で運動をすると、エネルギーの消費量が多くなると言われています。その理由は、人間の身体には体温を一定に調節する機能が備わっているからです。身体が冷えるとエネルギーを積極的に消費して体温を保とうとするため、自然と基礎代謝が上がります。そのため、寒さに悩まされる「冬」はダイエットに適した季節なのです。
でも、寒いと運動に対するモチベーションが下がったり、外出を控えたり、美味しいものを食べ過ぎてしまったりと、太りやすい条件が揃ってしまいますよね。積極的に身体を動かすように意識したいところです。これから紹介する1日10回の簡単トレーニングメニューは、寝ながら行えるのがポイント。冬のリラックスタイムに、取り入れてみてくださいね。
お尻を上げて筋肉に刺激を「ヒップリフト」
お尻とお腹の筋肉を意識しながらトレーニングしましょう。腰を反らし過ぎないように気をつけて、身体が一直線になる位置までお尻を持ち上げるといいですね。

1.	仰向けに寝転がり、膝を曲げます。手は楽な位置に置いてください。
2.	足の裏を床から離さないようにしつつ、ゆっくりとお尻を持ち上げましょう。
3.	お尻を持ち上げた姿勢を一瞬キープしてから、ゆっくりとお尻を下ろします。10回を目安に頑張りましょう。
美くびれを目指す「クリスクロス」
お腹の真ん中から脇腹に向かって走る「腹斜筋」を刺激するトレーニングです。足をなるべく遠くに伸ばして、お尻が床から離れないように意識するといいですね。難しい場合は、無理に肘と膝をタッチしなくても大丈夫です。できる範囲で頑張りましょう。

1.	仰向けになり、膝を曲げた状態で片足を上げます。
2.	両手で頭を支えながら上半身を持ち上げ、対角の肘と膝をつけるように動かしてください。
3.	上体を上げたまま、手足を交互に入れ替え続けます。上半身と下半身は浮かせたままで、合計10回続けてみましょう。
背中をすっきりさせたいなら「バックエクステンションW」
背中からお尻、太ももまで、バランスよく鍛えられるトレーニングです。特に肩甲骨の下部を刺激できるので、バックスタイルがすっきり整います。脇を締めて、反動をつけずにゆっくりと動くことを意識しましょう。上半身を持ち上げたとき、肩甲骨をしっかりと寄せて数秒キープできるといいですね。

1.	うつ伏せになり、両手をバンザイのポーズで頭の上に置きます。
2.	上半身を起こしながら、肘を後ろに引いてください。
3.	足が浮かないように注意して、10回を目安に取り組みましょう。
以上、冬にダイエットがおすすめの理由と、寝ながらできる簡単トレーニングを解説しました。冬はダイエットのピンチとチャンスが同時に訪れる季節。寒い環境を逆手に取り、冬太りを解消しましょう。
MADIA TOP
関連記事