音を鳴らして楽しむダキング(Daking)のレッスンに参加!

プログラム体験談2020年10月28日

7月18日のダキング(Daking・40分)のレッスンに参加させて頂きました。
読み方はダキングといって、どんなレッスンかと言うとダキンググラブというカスタネットが入っているグローブを両手につけ身体の様々な場所に打ち当てて、音を鳴らしながら踊るというレッスンです。
私は初体験のレッスンで、始めはどんなレッスンだろうと期待と不安の入り混じった気持ちでしたがいざレッスンが始まったら、音を鳴らすということが非常に面白くてすぐに楽しむことができました。一緒にレッスンに参加しているお客様と音を合わせながら踊るという新感覚を味わえるレッスンだと思います。個人的にはストンプをやっているような気持ちで、こんなこと自分ができるのだという喜びもありました。
武蔵小杉店では、ダキングのレッスンは未だありませんが、次回イベントなどをやった際には、是非皆さんと楽しみたいと思います。


(稲田)

画像(1):レッスンの様子。皆さんノリノリです!
※画像撮影者/稲田
写真:レッスンの様子。皆さんノリノリです!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。