”茅野”故郷を知る

店舗日誌2009年5月6日

生まれは川崎 幸区。
育ちは神奈川 相模原。
されど流れる血筋は、薩摩 鹿児島”茅野”集落。

先日祖母の法事で帰った鹿児島。生まれも育ちも違えども、行けば不思議と落ち着く両親共の故郷の町。

かつおで有名&日本最南端の始発駅枕崎の少し先、法事に集まる親戚50名。
そう簡単にいける距離ではなく、なかなか会えない親戚の方々。
紹介されど紹介されど、『だれだれの従兄弟におばにおじさんに・・・。』
家系図を頭で思い描くことに挑戦するもあえなく途中で断念。
最終的には”みんな親戚”ということにして自分で勝手に決着をつける。

こうして集う親戚一同。『茅野』という名の絆を感じる。
”遠い親戚より、近くの他人”・・・。
それでもやはり”親戚”は心強いと感じる。
なかなか会えない間柄でも、会えばこうしてあたたかい。
親戚・故郷を大切にしようと思うあたたかなときを過ごして、帰ってきました。
(茅野)

画像(1)バス停の名も・・・
画像(2)日本最南端の始発駅が最寄駅
画像(3)鹿児島(薩摩)といえば・・・
※画像撮影者/茅野


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。