ゆずとアボカドのちらし寿司

食事・栄養・レシピ2020年12月3日

ひなまつりに定番の『ちらし寿司』を作りました。今回は、お酢の他にゆずもしぼって混ぜてみました。

ゆずの皮には、リモネン(精油成分)とベータカロテンが多く含まれていて、リモネンには、血行をよくし、身体を温めてくれ、Bカロテンには、粘膜を強くする作用があります。また、皮にはビタミンCがレモンの二倍もあるので風邪予防にもなります。皮の内側の白い部分は、ヘスペリジンと言って、毛細血管を丈夫にして、動脈硬化を予防してくれる成分が含まれているので、ゆずは全部使用することをオススメします。

また、今回はアボガドも加えて彩りと栄養をプラスしました。アボガドの脂肪はノンコレステロールで、動脈硬化症を予防し、不飽和脂肪酸で今話題のオレイン酸が含まれていて、オリーブオイルに似た性質を持っています。ビタミンCや食物繊維もプラスされるので、この一皿で栄養満点です!

武蔵小杉店では、3月3日に『ヘアトリートメント』をお配りしました。一瞬、何で?と思われる方も多かったのですが、ひなまつりなので…とご説明すると、あぁ〜と納得されていました。早速当日使用された方も多く、サラサラになった〜などの嬉しいお声をいただきました。内からも外からもキレイになれる1日でした。


(菅野)

画像(1):彩りも栄養も満点
画像(2):サラサラになると好評でした!
※画像撮影者/村井
写真:彩りも栄養も満点 写真:サラサラになると好評でした!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。