東急スポーツオアシス TOKYU OASIS 東急オアシス

【筋トレ初心者】どこから鍛えるべき?ダイエット効果を高めるための順番とは


ダイエットを成功させたいなら、筋トレを行うのが◎。筋肉量を増やして脂肪燃焼を促すのがダイエットの近道だからです。ただ、やみくもに筋トレを行ってしまっては、トレーニングに費やす時間もやる気ももったいないことに。鍛えるべきパーツやその順番の理由ついて説明するので、賢く理想の身体を手に入れてください。

ダイエットするなら「大きい筋肉から小さい筋肉へ」が基本

ダイエットや健康維持のために身体を鍛えるならば、「大きい筋肉から小さい筋肉へ」が基本だと言われています。面積が大きい筋肉を鍛えることは、代謝アップに直結するからです。
また、大きな筋肉は下半身に集中しています。なんと、下半身だけで全身の筋肉量のおよそ70%を占めているのです。なので、下半身を鍛えるとダイエットの効果が高まることが期待できます。初心者の方こそ、あまり難しく考えずに「下半身から鍛える」と覚えておくのがいいでしょう。

下半身の大きな筋肉から取り組むメリット

最初に下半身の大きな筋肉を鍛えるべき理由は、以下のとおりです。

・大きい筋肉を鍛えるときは、それと連動した小さい筋肉も一緒に刺激される。
・大きな筋肉は身体全体の代謝に強い影響を与えるため、基礎代謝量が上がって痩せやすい身体へと近づく。
・身体の変化を実感しやすく、運動を続けることのメリットを感じられる。

鍛えるべき4つの筋肉とおすすめトレーニング

下半身の大きな筋肉の代表例は、こちらの4つです。

①大腿四頭筋
太ももの表側の筋肉です。立ち上がったり歩いたりなどの日常的に行っている動作に関わっています。

②下腿三頭筋
ひざから足首までの部分(下腿)の後面にあるふくらはぎの筋肉です。足首を動かす役割を担っています。

③ハムストリングス
太ももの裏側に位置する筋肉。日常生活で使われるシーンがほとんどないため、積極的に刺激したいパーツです。

④大臀筋
お尻の表層にある大きな筋肉。美しく整ったヒップライン作りには必須級の部位です。

これらの筋肉を鍛えるならば、「スクワット」「カーフレイズ」「レッグカール」がおすすめです。どこでもいつでも手軽に挑戦できる下半身トレーニングのやりかたを、下の関連ページで説明しています。こちらも是非参考にしてみてください。
【関連ページ】1日10回からの下半身強化。自宅でも鍛えられる簡単筋トレメニュー
以上、筋トレの効果を最大化させる手順とその理由についてお伝えしました。トレーニング初心者さんは、「まずは下半身から鍛える」と覚えてトライしましょう。

MEDIA TOP

OASIS RECOMMEND

痩せたいならシェイプナビ

専属のトレーナーが遺伝子検査の結果を元に、生活習慣や食習慣の見直しをいたします。

あなたらしいトレーニングを、ご自宅で。

親しみやすいフィットネスグッズから本格派トレーニングアイテムまで、バラエティ豊かな商品をお届けいたします。

1日10回からの下半身強化。自宅でも鍛えられる簡単筋トレメニュー

筋トレ初心者さんにおすすめしたい、王道かつ簡単な下半身筋肉のトレーニングメニューを紹介します。

【30・40代からのダイエット】絶対に押さえておきたい食事・運動・睡眠のポイントとは?

加齢に伴い痩せにくくなるのは“気がする”ではなく“本当”なんです。その理由を解説しつつ、30・40代の方がダイエット成功させるためのポイントを3つお伝えします。