走ることの楽しさ

フィットネス・エクササイズ2010年11月4日

秋といえば駅伝シーズンです!出雲駅伝や杜の都駅伝、実業団駅伝が終わり、これからは全日本大学駅伝や箱根駅伝があります。私も中学・高校と駅伝をやっていました。そして先日、高校の県駅伝を見に干潟まで行ってきました!
みんな県駅伝のために目標に向かって1年間必死に練習しています。結果がすべてとよく言いますが、私は今までやってきた過程も大切だと思います。みんなが襷をかけて、一生懸命走る姿はとても素晴らしかったです。私も走るのが好きでたまに走っていますが、特に目標もなくただ走っているだけでした。しかし目標を達成するために走っている皆の姿を見て、私もせっかく走ってるのだからマラソンの大会に出ようと決意し、早速申し込み用紙をもらってきました!!ただ走るだけではなく、具体的にタイムも設定して大会に出ようと考えています。なぜかというと、具体的な目標がないとトレーニングを怠ってしまうからです…。みなさんもぜひ具体的な目標をもってトレーニングに励んでください!
市民マラソン大会などではフルマラソン、ハーフマラソン、10kmの部、5kmの部など様々な競技部門が用意されています。大会ホームページが用意されていることも多いので、あらかじめ競技の情報を調べておいて、具体的に走るコースなどを決めておくとモチベーションも高まります。
トレーニングで走った分だけの体力は必ずついてきます。徐々に走れる距離が伸びていく。それが実感できるのが走ることの楽しさでもあります。焦らずに最初は5kmの部など短いコースから初めてみるのが良いと思います。

そして走ることが好きな人は、オアシスで行うランニングイベントがあった際にぜひ参加してみてください!一緒に走りましょう。


(江川)

画像(1):大会の場面です。大会参加など具体的な目標やイメージを持って取り組むことがモチベーションにつながります。
※画像撮影者/江川
写真:大会の場面です。大会参加など具体的な目標やイメージを持って取り組むことがモチベーションにつながります。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。