筋肉の喜び…とは?

フィットネス・エクササイズ2018年10月25日

さて、今回は2回目のセッション。
今回担当していただいたトレーナーは玉岡さんです。
10月より加圧スタジオBEZELの新しいスタッフとして、活躍中しております。

挨拶を交わした後、会話をしながら約15分間のストレッチ。そしていよいよトレーニング開始です。
初回セッションは下半身重視のトレーニングでしたので、今回は上半身重視。

まずは軽い棒と重さ3kgのダンベルを使って背中のトレーニングを2種類。どの筋肉を使っているのかという意識を忘れずに行っていきます。

写真:背中のトレーニング
画像(2)背中のトレーニング

次に腕立て伏せ。
普段なら楽にできる20回×2セットの腕立て伏せも、ベルトを巻いているので、かなりきつかったです。

写真:使う筋肉の意識はトレーニングには必須
画像(1)使う筋肉の意識はトレーニングには必須

ベルトを緩められた後に、筋肉に血や酸素が戻ってくる感覚は加圧トレーニングならでは!
思わず、「筋肉が喜んでる」と呟いてしまいました。

Instagramのコメントに、「本日の名言 筋肉が喜んでる!」と掲載されて、スタッフに会うたびこの名言をいじられています。
その後、腹筋とスクワットを行ない、セッション終了。先週に引き続き、あっという間でしたが、適度な疲労感が心地よい45分間でした。

2回のセッションで全身をバランス良くトレーニングできました。
残りの2回も楽しみです!次回は、体組成の結果も中間発表いたします。


(鈴木)

画像(1):使う筋肉の意識はトレーニングには必須
画像(2):背中のトレーニング
※画像撮影者/横山
写真:使う筋肉の意識はトレーニングには必須 写真:背中のトレーニング

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。