皿回しの魅力

店舗日誌2020年7月13日

趣味でお皿回しをしておりまして、先日新宿で回してきました。
皿回しと言っても大道芸のお皿回しではなく、レコードを回すいわゆるDJです。
メインはHip HopなのですがR&B,Soul,Jazzと何でもありで、和洋折衷です。
約2時間で50曲ほど音を紡いできました。今年亡くなったMichael Jacksonの曲ももちろんかけましたよ。

皿回しの魅力は既存のものを組み合わせることで新たなものを作り出すことができることです。
音楽を聴いている方なら誰しもMy Best的なテープやMDを作って聴いたり、友達に貸した経験があると思います。
ダウンロード全盛の今なら尚更の話で曲をアルバム単位でなく、自分の好きなものだけ購入する時代になってますね。
そんな好きな曲の更に好きな部分だけ抜き出したり、曲として聴くとそんなに惹かれるものではないけどその中のほんの数秒が
抜群にかっこいいという部分をつなげて新たなものを作り出していくことができます。

トレーニングの時も自分でミックスした曲を聴きながらだととても楽しく体を動かすことができます。
今後は70年代、80年代の和モノの曲をもっと掘り下げられるといいなと考えています。
オススメの曲があったら教えてください。


(時永)

画像(1):針の調節中です
画像(2):King of Popのピクチャーヴァイナルです
画像(3):イベントで回したお皿達です
※画像撮影者/時永
写真:針の調節中です 写真:King of Popのピクチャーヴァイナルです 写真:イベントで回したお皿達です

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。