キャベツの効果

食事・栄養・レシピ2010年11月7日

急に寒くなってきましたが皆様いかがおすごしでしょうか?温度変化が著しいので体調管理に気をつけなくてはなりませんね!今回はキャベツについてお話させていただきます。

キャベツにはビタミンCが多く含まれており、キャベツの葉2〜3枚で一日に必要なビタミンCを摂取することができます。他にもキャベジンと呼ばれる胃もたれ解消などに有効なビタミンUも含んでいます。これらのビタミンは水溶性(水に溶ける)ビタミンで熱に弱く水に溶けだしてしまいます。生で刻んで食べるときは水にさらさないようにするとビタミンの流出を防ぐことができます。また食物繊維も豊富なので便秘改善にも有効です。写真はトマトソースのロールキャベツです!煮ることでキャベツのかさを抑えることができるので生よりも多く食べやすくなります。

“トマトが赤くなると医者が青くなる”といわれるトマトとのコラボレーションでさらに健康への効果が期待できそうですね!


(佐藤)

画像(1):トマトソースのロールキャベツ。自信作です!
※画像撮影者/佐藤
写真:トマトソースのロールキャベツ。自信作です!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。