「スッポン」の栄養価

食事・栄養・レシピ2020年10月27日

今回、「すみだ水族館」に行ってきました!

すみだ水族館では期間限定の生き物の展示を行っていて、イベントなんかもあったりするので楽しいです。今回は「ウミガメとリクガメの違いを見比べよう!」といった内容でした。

亀は陸、海合わせて300種類います。しかし、ウミガメは300の中のたった7種類程度なんだそうです。だからウミガメは大切に育てられているんですね。中国では亀をよく食べているのだそうです。日本ではスッポンがお馴染みですね。小笠原諸島に行けばアオウミガメを食す事が出来るそうです。

写真:すっぽん
画像(1)すっぽん

さて。そんな日本でお馴染みの「スッポン」の栄養価について今回はお話したいと思います。

「スッポン」と言えば関西地方でよく食されている「まる鍋」が有名ですね。冬眠前(秋口)の時期は脂が乗って1番美味しいんだそうです。それよりもスッポンはサプリメントや強壮剤として利用されるパターンの方が多いです。ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、亜鉛、コラーゲンを多く含んでいます。脂質も多く含んでいるのでサプリメントでの摂取が好ましいかもしれませんね。

スッポンは高級食材として扱われているので一般の家庭で晩御飯のおかずとして並ぶことが
あまりないかと思います。しかし、何かきっかけがあったらぜひ!食してみてください!

私も食してみたいなと思います!

写真:小笠原諸島のアオウミガメ
画像(2)小笠原諸島のアオウミガメ


(霜田)

画像(1):すっぽん
画像(2):小笠原諸島のアオウミガメ
※画像撮影者/霜田
写真:すっぽん 写真:小笠原諸島のアオウミガメ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。