採用情報

採用情報
「人」を大切にする企業であり続けたい。
人事/ゼネラルマネージャー 江崎 貴史 東急スポーツオアシスは「健康人生をサポートし続けるNo.1企業」を目指して行きたいと考えています。そのために、私たちは「人を大切にする企業であり続けたい」と考えています。なぜなら、お客様の笑顔やスタッフの幸せは、全て“人”の手によって生み出されると考えるからです。
企業としての方向性やビジョンを作り上げるのも、それをスタッフと共有し浸透させていくのも、お客様にご満足いただくためにそれを具現化していくのも、自社の商品やサービスをプロモーションするのも、ITインフラを調えるのも、働く環境を整えるのも、全て人の仕事です。だから、人を大切にしていく必要があるのです。
フィットネスが果たす社会的な役割や使命に共感し、世の中に健康な人を増やしていくことに夢や誇りを持ち、一緒に輝いていける仲間を待っています。

採用に関するお問い合わせ ≫
オアシスは、個々の強みを活かして能力を発揮できる体制を整えています
オアシスでは、結婚、出産、介護など、様々なライフステージの変化に対応しながら、従業員ひとりひとりがいきいきと働くことを支援しています。 様々な制度は、使うことで初めて意味があります。 ‘導入’ではなく、‘活用’される制度であることで、スタッフの能力を常に発揮できるよう取組んでいます。

次世代育成支援・仕事と介護の両立支援の認定企業です

■2011年7月 次世代育成支援対策(仕事と子育ての両立支援)に積極的に取組む企業として、くるみんマークを取得
法律より充実した育児制度が整備され、育児休業の取得は、女性はもちろんのこと男性社員も使用実績があります。

【主な取り組み内容】
・育児休業…3歳まで取得可能(男女問わず取得実績あり)。
・育児短時間勤務…子が3歳に達するまでは1.5時間、小学校3学年終了までは1時間の時短勤務が可能。
・復職支援制度…復帰後、半年間は慣らし勤務として最大3時間の超時短勤務も可能。
・保育費補助制度…仕事のため延長保育やベビーシッター等を利用した場合は、補助金を支給。
・チャイルドケア社員(社員区分)…仕事も育児も両立させながらキャリアを積んでいけるように導入。


■2016年4月 仕事と介護に積極的に取組む企業として、トモニンを取得
介護離職を防止するため仕事と介護を両立できる制度が整備され、制度を活用しながら個々のスタイルで仕事と介護の両立を図っています。

【主な取組み内容】
・介護休業…対象家族1人につき、通算93日間まで取得可能
・管理職に対する「仕事と介護の両立セミナー」の開催、「仕事と介護の両立についての社内アンケート」実施



〜その他の当社独自の制度〜
・きずな休暇…健康上の理由や家族の介護など、自身の保持している有給数を超えて休暇取得せざるを得ない場合、従業員より有給の寄付を募り、休暇日数を増やすことができる制度
・アスリート支援…アマチュアスポーツのアスリートとして、仕事と競技生活の両立にチャレンジする社員を会社が支援する制度
・ウェルカムベビー休暇…男性社員の育児参加、仕事と子育ての両立支援を目的として、配偶者の出産に伴う休暇

今後も東急スポーツオアシスは、従業員の多様なライフステージを支援し、「健幸人生をサポートし続けるNO.1企業」として邁進して参ります。

     
東急スポーツオアシス企業サイト
Copyright(c) TOKYU SPORTS OASIS All rights reserved.