猫背にならない美しい姿勢をつくるコツ

生涯猫背にならないお尻の使い方

猫背にならない美しい姿勢をつくるコツ

PROFILE

人の印象は、わずか数秒で決まると言われています。一度相手にもたれた印象を変えるのは、簡単なことではありません。実は容姿よりも姿勢の善し悪しの方が、相手に与えるインパクトが強いということを皆さんはご存知ですか?どれだけルックスが整っていたとしても、背筋が丸まった姿勢だと見た目の良さが半減してしまうものです。見た目年齢も姿勢によって大きく変わります。もし、あなたがシニアになっても、理想の姿勢を維持していれば、実年齢よりも10歳若く見られるでしょう。

姿勢は印象の問題だけではなく、様々な心身のトラブルを起こします。不良姿勢の代表とも言える猫背姿勢は、運動器系、消化器系、泌尿器系、婦人科系などの機能を低下させ、頭痛、肩こり、腰痛症、生理痛、関節痛などの引き金になります。近年、若年層に増えているうつ病も、頭が前に出た姿勢が誘因の1つに挙げられています。まさに、不良姿勢は万病の元なのです。

反対に、姿勢を改善すれば肩こりや腰痛症などの予防" 改善になるだけでなく、スポーツなどのパフォーマンスが飛躍的に向上するのです。まさに良いことづくし。ダイエットと違って、姿勢改善は意識した瞬間から効果が表れるので、周囲の人たちも姿勢の変化に気づいて、声を掛けてくれるはずです。

人間の骨格は、油断をすると直ぐに猫背になるようにデザインされています。自動的に姿勢が良くなることはないのです。凛とした姿勢になるために一番大切なことは、筋トレして筋量を増やすことでも、ストレッチをして柔軟性を高めることでもありません。「あの人のようになりたい!」「こういう自分になりたい!」という、明確な目標を持つことです。姿勢は志勢(モチベーション)の表れなのです。

理想の姿勢を自分のものにするためには、アゴで姿勢をセットアップし、尻で姿勢をキープすることが大切です。この2つをマスターすれば、何歳になっても猫背にはなりません。幾つになっても健康で若々しくいられるのです。ここで紹介する姿勢改善&維持は、実にシンプルです。努力不要なので、是非とも習慣にしてください。

(監修|伊藤和磨)

監修 伊藤和磨のプロフィール

『アゴは姿勢を整えるスイッチ』

ヒトの背骨には3つのカーブがあり、S字を描いています。このS字カーブは上半身の重さを支え、地面からの突き上げの衝撃を吸収するためにあります。背骨がS字カーブを維持しているときは、人は骨で体の重さを支えることができるのです。だから、筋肉や靭帯に大きな負担をかけることがありません。しかし、S字カーブが崩れてしまうと、一気に増大したストレスを筋肉と靭帯が一身に受けることになって、腰痛や肩こりなどを患うようになるのです。

図は、上半身を4つの歯車に置き換えています。アゴを引くと、最上部の歯車(頭部)が下向きに回転して、2つの歯車が最下段の歯車(骨盤)が前方に回転させます。そして、背骨が立ってS字になるのです。つまり、全体の姿勢はアゴを引くだけで、正しい姿勢にセットアップできるということなのです。

『猫背にならないお尻の使い方』

お尻の役割をご存知ですか?お尻(大殿筋)は骨盤の動揺をおさえて、上体が猫背になるのを防いでくれるストッパーとしての大事な役割があるのです。また、お尻の筋肉が働くと「腹横筋」という腹膜が同時に働くため、下っ腹がポッコリと出るのを防いでくれるのです。

「尻を締める」という行為は、尻と尻を硬くして尻の谷間を閉じるようにすることを言います。効率良く尻を締めるには、つま先を15度ずつ開いて、腰幅くらいのスタンスで立つと尻を締めやすくなります。試しに尻を締めたままお辞儀をしてみて下さい。10度くらいしか上体を前傾させられないのが分かるはずです。

『猫背にならない座り方』

人は一日の半分ちかくを座って過ごすと言われています。座っているときの姿勢が、立つ姿勢、歩く(走る)に大きな影響を与えるのです。しかし、多くの人が座っている時に猫背になっているのです。猫背は背中や腰の筋肉に過度なストレスを与えているだけでなく、呼吸器や消化器の働きも阻害しているのです。

座っている時に猫背を防ぐには、最初に座る時に座面と背もたれの奥に、最大限に尻を差し込むようにして座ります。このとき、骨盤を少し前に傾けて差し込むと、お尻を座面の奥深くに固定させることができます。さらに、脚を30度以上開脚させてアゴを引けば骨盤が前に傾き、腰の入った理想的な座り姿勢になります。軽くアゴを引いていれば、姿勢が崩れることはありません。

オアシススタッフからの質問

「姿勢が悪い」ことでショックだった体験談を教えてください!

この質問への回答は締め切りました

みんなの回答

  • 習い事のレッスン風景を動画で撮影したとき、一人だけ首(頭?)が前に出て立ち姿が不細工だった。 (30代 / 女性 / 自営業 )
  • 165cmで48キロでウエスト57cmなのに顎を引くと三重顎になる (10代 / 男性 / 学生 )
  • 整体院で猫背が気になると伝えたら、
    ですよねーとみるからに姿勢が悪いと言わんばかりの返答をされた
    (20代 / 女性 / 主婦 )
  • 履歴書の証明写真で肩の高さが違う (30代 / 女性 / パート・アルバイト )
  • 部活の顧問の先生に猫背であごがしゃくれてるぞ、と言われました。少し正しただけでタイムもよくなり腕が振れるようになりました。姿勢の影響力は偉大ですね… (10代 / 女性 / 学生 )
  • 背中に余計な脂肪がついた。そしてそれがとれなくて困っている。 (20代 / 女性 / 会社員 )
  • 人から「猫背だね」と言われた (40代 / 女性 / 主婦 )
  • 歩き方が変だし、洋服がキマらないです。 (20代 / 女性 / 自営業 )
  • 腰痛がひどくなった。 (20代 / 女性 / 会社員 )
  • 後姿がふけてみえる (20代 / 女性 / 主婦 )
  • 同じくらいの身長の人と横一列にならんで写真をとっても
    背は低く顔が大きくうつっている (30代 / 女性 / パート・アルバイト )
  • 主人に正面から見ると顔がデカイといわれた。 (30代 / 女性 / 会社員 )
  • 年が老けて見える (30代 / 女性 / 会社員 )
  • 自転車に乗っていた時に、お店のガラスにうつった自分…猫背すぎてびっくり!!
    それから、背筋意識してます☆ (20代 / 女性 / OL )
  • 私も姿勢が気になります。 (20代 / 女性 / 主婦 )
  • 写真で右肩と左肩の高さが違った。 (30代 / 女性 / 会社員 )
  • 横から見たときにいつも首と顎が出ていて格好悪い (50代 / 女性 / 主婦 )
  • コンプレックスの背の低さを猫背のせいでさらにちっちゃいといわれます… (10代 / 女性 / 学生 )
  • 「若い頃に送った選手時代の弊害」ということにしています…(笑) (40代 / 男性 / 会社員 )
  • 踊りが美しく見えない!堂々とカッコよく見せたいのに (40代 / 女性 / 会社員 )
  • 「爽やかなのに猫背でおっさんみたい」と同僚の女子から一言 (20代 / 男性 / 会社員 )
  • 姿勢を正してまっすぐ歩こうとしても肩が入って丸くなってしまう。歩き方が分からなくなって転んだことがあり、人にはロボットみたいと言われるしショックだった。 (30代 / 女性 / OL )
  • 歩き方が変だとよく言われます。動画で撮ってみたら猫背で変でした。涙 (20代 / 男性 / 会社員 )
  • 背が低いと思われたり、短足と言われてしまう事がありました。 (20代 / 女性 / 主婦 )
  • 昔から腰骨がずれていると言われていて気にはしていたけど、いざ妊娠し、出産を迎える頃には腰痛が半端無かった…。出産にものすごく時間がかかったのも、骨がずれてバランスが悪いせいだったんじゃないかと思う…。ゆがみ解消は早めの対処が大事…特に若い女性! (30代 / 女性 / 主婦 )
  • 上腕・肩のリハビリで経過確認のため写真をとったところ、思っている以上に体軸がブレ(片方の肩が下がり)、背中も猫背だったこと。自分でも体軸のブレや猫背ギミなのは感じているが、写真でみると想像以上だった。 (40代 / 男性 / 会社員 )