青魚で更に健康に!

食事・栄養・レシピ2019年10月22日

皆さんお魚はよく食べますか?
今日は皆さんに日本の家庭でもよく食べられる青魚についてお話したいと思います。
魚といえば、日本では伝統的な食材で、お刺身といった生食や、焼いたり、油で揚げたりと様々な調理法で食べられていますよね。これから秋になるとサンマが美味しい季節ですが、サンマももちろん青魚の一種です。

私は、よく家庭で料理を作るのですが、先日青魚の一種であるアジを調理したときに、青魚の効果を調べたら身体を健康的にする成分がとても多く含まれているということを知りました。ということで今日はその一部をご紹介したいと思います。 

アジを含むサバやイワシなどは、青魚と呼ばれる種類に分類されていますが、これらの魚は白身魚などに比べて漁獲量が多く、脂身が少ないといった特徴があります。これらの青魚は、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)という成分が多く含まれていて、これは、体内の中性脂肪を減らして、血液をサラサラにする効果があると言われています。また高血圧の改善や、ストレス抑制、花粉症などのアレルギー症状や抗がん作用もあると言われています。

青魚は身体に良いというイメージを持っている方も多いと思いますが、具体的にこのような効果があり、健康を維持する上で本当に大切な食材だと改めて感じさせられます。これらの青魚は新鮮なうちに食べないと効果が低下してしまうらしいのですが、これは魚に限ったことではなく、どんな食材も新鮮なうちに食べるのが一番ですよね。
みなさんも食生活を豊かにすることで心も身体もさらに健康にしていきましょう!


(古濱)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。