思っている以上にカラダは正直!

フィットネス・エクササイズ2020年10月30日

急に暑さが強まり、体調が崩れやすい季節になりました。体調が崩れやすい原因の1つとして『カラダの歪み』が挙げられます。歪みがあることで肩・腰を含む関節痛、代謝の低下など挙げれば数え切れないほどのマイナス面が挙がってきます。

私は元々水泳競技に力を入れており、左右のバランスの調和や歪みがないように心がけています。しかし、実際チェックしていただいたことは一度もありませんでした。そこでオアシスで実施している「カラダバランスNAVI」で私自身もチェックしてもらいました。アライメントボードの前に立ち、後ろからと横からの姿勢のゆがみをチェックしました。左右の歪みはそこまで大きな差はなく問題なしだったのですが、横からのチェックで歪みを発見しました。私のカラダは骨盤が前傾し、背中が反り腰になっていることで腰への負担が大きく腰痛の原因だと判断されてしました。

思い返せば、水泳競技のため広背筋、下半身は前部(大腿四頭筋)のトレーニングばかりやっていたと改めて気づかされました。骨盤を前後・左右・回転を滑らかに動かせるようになると骨盤の歪み改善に効果があるとアドバイスを頂きました。初めは難しいと思うのでバランスボールを使って練習してみようと思います。骨盤を常に動かし、大きく動かせるようになると日々の代謝アップにもつながり、体調も崩しにくくなります。体の歪みが気になる方は是非一度試してみましょう。


(秋元)

画像(1):ボールでの骨盤の動かし方(前傾)
画像(2):ボールでの骨盤の動かし方(後傾)
※画像撮影者/土屋
写真:ボールでの骨盤の動かし方(前傾) 写真:ボールでの骨盤の動かし方(後傾)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。