テッペンにあるもの!

フィットネス・エクササイズ2020年9月28日

ボルダリングというスポーツをご存知ですか?これは簡単に言うと「そんなに高くない場所でのフリークライミング」で、運動初心者や女性も楽しめると最近注目されています。本来は自然を舞台に岩などを登るものですが、気軽に始めるにはボルダリングジムが最適です。以前から気になっていたこのボルダリングに、先日チャレンジしてきました!

ジムでは多数の石が埋め込まれた壁を岩に見立て、スタートからゴールまで指定された石を掴んで登って行きます(高難度な課題は足の位置も指定)。壁を登るとなると腕力や握力にかかっているイメージがありますが、驚くことに重要な要素は他にあります。足の位置を決めたら、踏みしめ伸びあがる力で上がり、腕は必要な場面以外では力を抜きます。大切なのはバランスをうまく取ることです。重心の位置によって次に出せる手や足が変わるので、足の位置や体の向きが本当に重要です。ボルダリングは頭を使うスポーツだと言われますが、まさにその通りでした。

それほど運動経験がない上、実はかなりの高所恐怖症の私・・・苦戦していると、インストラクターが具体的な指示とともに「とにかく何度も登ってください。そのうち体の使い方や足のかけ方が分かってきます。高さにも慣れてきて少しずつ上に行けるようになります。」と励ましてくださいました。その言葉を胸に、諦めず何度もチャレンジしました。腕が疲れて乳酸がたまるので振ってリラックスさせてほぐし、またチャレンジ!最初は2、3手が限界だった私も、次の石、次の石、と一歩ずつ踏みしめて登っていき、最後に勇気を振り絞って見事ゴールに到達出来ました!降りた時は全身が震えてその場に座り込んでしまいました。でもその理由は疲れや怖さだけではなく、一番上まで自力で登ったことにとても感動し興奮したからでした。

そのために今後は、バランスディスクとチューブを使用し、ボルダリングで必要なトレーニングを始めることにしました。バランスディスクでは、両脚立ちや片脚立ちで両手を伸ばし、踏みしめ伸びあがる時に必要なバランスを鍛えます。チューブは、インナーとアウターを同時に使えるチェストプレスやアームカール、キックバックをすることができます。これはインナーやアウタートレーニングが苦手な私でも続けられるとのことなので、もう一度あの興奮を味わう為に頑張ります。※武蔵小金井店にもございますので興味のある方はご利用ください。

ボルダリングはまるでパズルのようで、それを自分の体を使って解くことに楽しさがあるように思います。他のスポーツとは少し異なる体の使い方をするボルダリング、是非一度体感してみてはいかがでしょうか。感動と興奮は私が保証します!


(貞永)

画像(1):勢いをつけて!
画像(2):掴む!
画像(3):これがボルダリングです!
※画像撮影者/貞永友人
写真:勢いをつけて! 写真:掴む! 写真:これがボルダリングです!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。