美しい後姿を!

フィットネス・エクササイズ2012年11月7日

皆さんこんにちは!最近寒くなりましたが体調はいかがでしょうか?これからはもっと寒くなりますが、元気に冬を過ごしていきましょう。さて先日背中のトレーニングをしたのですが、その際に「リストストラップ」を使いました。今回はトレーニングにおけるリストストラップの効用についてお話したいと思います。

まず、背中のトレーニングと聞いてみなさんが思い浮かべるのは「ラットプルダウン(背中を鍛えるマシン)」や「懸垂」があると思います。これらのトレーニングは主に広背筋と呼ばれる背中の筋肉を鍛えるものです。しかし、実際にやってみるとわかるのですがこの筋肉を意識しながらトレーニングするのは意外と難しいです。どうしても肩や腕に力が入ってしまい、なかなか背中に効いているかわからない…と悩んでいる人も多いかと思います。この原因としてはバーを離さないよう、あるいは高重量の重りで追い込むために握っている手に力が入りすぎてしまっていることが挙げられます。

ここで登場するのが「リストストラップ」です。リストストラップの利点として普段より少ない握力でバーを握れるようになるので上に挙げた「握っている手に力が入りすぎる」といった問題を解決することができます。またトレーニングの回数を重ねていき、背中の筋肉はまだ平気でも先に握力が無くなってしまい最後まで追い込めない…といった悩みを抱えている人にも非常に効果があります。

今回はラットプルダウンや懸垂のトレーニングでしたが、リストストラップは他にも「シュラッグ」や「デッドリフト」といったトレーニングにも活用できます。同じような悩みを抱えている方は、リストストラップを使い上手に身体を鍛えていきましょう。


(石上)

画像(1):リストストラップの付け方です。
画像(2):ストラップの長く伸びたほうをバーに巻き付けていき、その上から握ります
画像(3):懸垂を行っています。
※画像撮影者/岡村
写真:リストストラップの付け方です。 写真:ストラップの長く伸びたほうをバーに巻き付けていき、その上から握ります 写真:懸垂を行っています。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。