ゴルフパフォーマンスアップ方法!

フィットネス・エクササイズ2020年10月24日

こんにちは。加圧トレーニングスタジオトレーナーの米田、2回目の投稿です!前回は、ゴルフスクールに通い始めて感じたことを書きました。今回は『ゴルフのパフォーマンスアップに必要なトレーニング方法』を書いていきます。私が実感していることなので、きっと参考になると思います。

さて、みなさんに質問ですが、ゴルフをしていて、腰が痛くなった方はいらっしゃいませんか。私も最初は、痛むほどではありませんが、違和感を覚えました。腰が痛くなる原因はさまざまですが、トレーナー目線でいうと「お腹に力が入っていない」ことがほとんどだと思います。スクワットをする時に、お腹に力が入っていないと、腰が痛くなりますよね?それと同じような考え方です。

そこで、お腹に力をいれる為のエクササイズをご紹介します。トレーニング種目名は『風船呼吸』です。1.マットの上に仰向けになり、膝を曲げておきます。2.両手を下腹部に置き、息を吸ってお腹を膨らませます。3.ゆっくり息を吐きながら、お腹をへこませていきます。

ポイントは、3の時に、お腹が硬くなっていることです。使う筋肉は、腹横筋というお腹のインナーマッスルです。10回程度が目安ですが、体がポカポカしてきたらOKです。ゴルフの時になかなか腹圧が入らない方、是非トライしてみてください。ちなみに私は、この種目を意識してスイングをすることで腰に違和感なく、楽しくゴルフをしています。それでは、次回もお楽しみに!!


(米田)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。