日課のジョギング

マネージャーのヒトリゴト2020年10月30日

皆様こんにちは。大分朝晩の気温も寒くなってまいりましたね。体調を崩しやすいシーズンでもありますので、しっかり栄養、休養、運動のバランスを取って下さい。

実は私事ですが、今月末急遽FIA主催の駅伝大会に出場することになりまして、普段有酸素トレーニングをあまり行っていない私にとっては、過酷な課題として重圧の毎日を過ごしております。毎日少しずつですが、ノルマの距離のジョギングを始めておりました。ランニングを普段から走られている方々は、日頃どんなことに気を付けながら走っていらっしゃるのでしょうか。
私はこの4月から減量に取り組み2ヵ月半で9kgの減量を行いましたが、最近少しトレーニングがご無沙汰になり、元の体重に戻りつつあります。このままジョギングをしますと、体重がある分必然的に膝、腰、足の故障が発生する可能性は高いです。如何に、負担を和らげ、ペース良く走れるかを考えみました。

一つ、ジョギングで必要なのは、ジョギングに適したシューズを選ぶことでした。やはり、アスファルトの上を走ることになりますので、足底や膝、腰の負担を軽減する為にシューズはしっかり踵とつま先にクッション性があり、足にフィットしたものを選びました。皆さんも運動されている際、シューズについてはこだわりを持っていらっしゃると思いますが、特に衝撃の強いジョギングの際は、しっかりとしたシューズを選ぶ事も重要なポイントですね。
また、靴屋さんにアドバイスされましたが、シューズを履く際には、つま先を上げて踵をつけてからしっかり靴ひもを結ぶ必要があるそうです。確かに踵に足を合わせ履くことで靴ひもがしっかりしまり靴が足にぴったり収まる感じがありました。皆様も是非試してみてください。つま先は1〜2cmぐらいの余裕があった方が、圧迫感で指を痛めづらいようですのでこちらも参考にして下さい。

さて本題のランニングフォームにつきましては、まだ模索中です。体重の重たい方の走法としては、ピッチ走法がおすすめのようです。歩幅を狭く、ピッチを小刻みに走る方法です。あの高橋尚子さんもピッチ走法をしていたようです。この方法でどれだけ、楽に早く走れるかわかりませんが、頑張ってみようと思います。皆さん、もし「こんな走り方がいいよ」とわかる方がいらっしゃいましたら、是非アドバイスを頂戴したいです。宜しくお願いします。

追伸;でも最終的にはランニングに適した体型にならないといけませんね。シェイプナビ第二弾、頑張ります。

写真:靴選びは重要です
画像(1)靴選びは重要です


(山崎)

画像(1):靴選びは重要です
※画像撮影者/山崎
写真:靴選びは重要です

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。