冷えたビールで疲れを癒そう

食事・栄養・レシピ2014年8月24日

毎日暑い日が続きますね、皆様いかがお過ごしでしょうか。
残暑厳しいこの頃は、冷えたビールで毎日の疲れを癒したくなります。
最近ではノンアルコールのビールが定番商品となり、また健康を意識してか脂肪分やプリン体カット、なんて言うビールも出ていますよね。

さてここで、ビールにはどんな栄養が含まれているかを少しだけお話しします。
実はビールの元になっている【ビール酵母】には、ビタミンB1、B2、葉酸、タンパク質などがバランス良く含まれているそうなのです。
ビタミンB1は糖質の代謝を促す、ビタミンB2は疲労回復や健康的な肌を作る、と言う働きがあるそうです。
また、葉酸も同じような働きのほか、貧血を防止する為に効果的と言われています。
が、しかし、栄養があるからと飲みすぎるのはよくありません。あくまで適量を守ることが大切です。一日500ミリリットル程度を目安にすると良いそうです。
もっと飲みたい、という気持ちになる方もいるかもしれませんが、お酒と適度にお付き合いしていくことが大切ですね。


(大谷)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。