外での自転車・ランニング安全に走れてますか?

フィットネス・エクササイズ2011.06.22

フィットネスとは少し違いますが、先日こんなニュースを見ました。あるバイク雑誌の編集長が雑誌の紙面の為、峠道でバイクに乗り撮影をしていたところ対向車と衝突をしてお亡くなりになったという記事です。。。とても悲しい気持ちになったと同時に、どれだけ上手に運転が出来る方でも不慮の事故というのは起きてしまうものなのだと痛感いたしました。

自分はバイクに乗らないし峠道なんていかないから関係ないと思わないで続きを読んでいただけたらと思います。外でランニングをする時、また自転車でトレーニングをする時、バイクの事故と同じようにどれだけ上達しても道路には危険はとても多くあると思います。不慮の事故は自分ではどうしようも無いこともあるかもしれませんが、外でのトレーニング時には心の余裕と身体この2つの余裕があれば回避できるものもあると思います。

私自身の体験ですが、車で信号待ちをしていて青に変わったので前に進もうとアクセルを踏もうとしたその瞬間!もうスピードでロードタイプの自転車が信号無視!目の前を突っ切っていきました。こちらの車にわき目も触れず。この方はまったく信号に気が付いていなかったように感じました。(気づいていたとしたら恐ろしいです。)ロードタイプの自転車には私も乗りますがシートが高く、ハンドルが低いためかなり視野が狭くなります。また一生懸命になるほどに周りが見えなくなるものだと思います。ここで必要なのは「心の余裕」ですね。外でのトレーニングは一生懸命になりすぎず広い視野を心がけて欲しいと思います。ランニングでも近頃ランナーのマナーが話題になっています。皆さん広い心で楽しんでいただきたいと思います。

身体の余裕についてはこれも自分の経験でもうしわけありませんが、ロードタイプの自転車に乗り始めた初めの頃は自転車に乗ること自体に一生懸命になっていたり、お尻が痛い、足がだるい、疲れた、、、といった具合にぼろぼろでした。こんな状況で心の余裕持てないですよね。基礎体力がついてこそ安全に楽しく楽しめるもだと思います。

フィットネスクラブではとても安全に運動ができます。いきなり外を走るのが不安であればクラブで基礎体力をつけることが1番安全だと思います。フィットネスクラブは運動が出来る人が行くところだと思わず、初めての人や不安がある方こそ利用をしてほしいと思います。少し硬い話しになりましたが、これからの季節外での運動をされる方が増えると思います。安全に楽しく運動をしていただきたいと思います。


(東度)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。