スイムフェスタへの道〜水中で進むコツ〜

スイムフェスタ(首都)2010.10.22

スイムフェスタに向けて日々練習中の蛯名です。このブログではその様子をお伝えします。
前回の記事で水の中で力を抜くコツをつかんできたので、次のステップは「ちょっと進んでみる」です。

片手を伸ばした状態でちょっと進む練習からスタート。よくある「ビート板でバタ足」が、泳ぎのスタートだと思っている方は多いのではないでしょうか?私もずっとそうだと思っていました!プールビギナーの私が「ビート板でバタ足」をするとどうなるか?まず、腕を前(上)にまっすぐ伸ばした状態でキープする、という意識が勝手に働いてしまい、肩周りはガチガチに力が入ってしまいます。その結果うまく浮けません。せっかく、「力を抜く」ことを覚えたばかりなのに、もったいないですよね!また、正しいフォームをまだ習得していない段階で、足だけの練習をするのもあまりよくありません。

人間の体は、腕・体幹・足が連動して動いているので、陸上・プールに関わらずやはり全身を一緒に動かして練習するのが一番です。ばらばらに練習しても、いざ泳ぐときに全部ばらばらに動いてしまったら意味がないですからね。そうならない為にも、ますは手を伸ばし、体をひねった状態で浮く練習から。

今回スイムフェスタに向けてコーチをお願いした猪瀬コーチによると、少し先に沈んでいる何かを拾いにいくような感覚です。わかりやすい!「そこ」に沈んでいるものではなくて、少し先の「あそこ」に沈んでいる、というところがポイント。人は腕を遠くに伸ばそうとするとき、肩甲骨も動かすからです。ただ手を伸ばすのではありません。腕だけでなく肩ごと伸ばし、もっと遠くまで泳ぎましょう。「待ってー!」とイメージをしながらやると、とても上手くいきますよ。

なんだかのんびりした進み具合ですが、スイムフェスタまであと1ヶ月!まだ間に合います。一緒に辰巳で泳ぎませんか?


(蛯名)

画像(1):先にいる人を呼び止めるようなイメージです。
※画像撮影者/竹内
写真:先にいる人を呼び止めるようなイメージです。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。