熱中症の予防

ダイエット・美容2010.08.06

皆さん、暑い夏をどのようにお過ごしですか?

気温が高いだけでなく、湿度が高いとなかなか運動するのも大変ですね。
今回は熱中症について説明したいと思います。

直射日光で起こるのが日射病、室内で起こるのが熱中症と思われがちですが、熱中症は、熱疲労(日射病)、熱射病、熱けいれんの総称を指します。

熱けいれんとは、筋肉にけいれんが起こる症状で、汗をたくさんかいたあとに、水分だけを摂取した際に起こりやすくなります。ただちに激しい運動をやめて涼しいところに移動させます。飲み物には約1%水分を含むものが望ましいとされています。

熱疲労とは、一般的に日射病と呼ばれるもので、顔や皮膚が蒼白になったり、脱力感が出てしまいます。熱けいれんの処置に加え、顔色が蒼白なら、仰向きに寝かせて脚を高くし、血液循環をよくします。

熱射病とは、最も重篤な状態で、意識がもうろうとして、反応が無くなってしまいます。急いで救急を要請し、体温を下げましょう。特に、首や足の付け根には、太い血管があり、そこを冷やすことにより、全身の血液が冷やされやすくなります。

このように、熱中症にも様々な症状があります。
これらの症状を事前に防ぐために、
・通気性の良い服を着る
・塩分の入った水分を取る
・休息をしっかり取る
・無理な運動をさける などが挙げられます。

このようにして、熱中症から体を守り、無理をせず、運動を楽しみましょう。
日光を浴びながらの運動も大切ですが、快適な空間で、運動してみてはいかがですか。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。


(塚越)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。