救急救命の研修

Charities(VILLAGE)2013.09.25

休館日を利用して、AEDの使用方法や、意識のない方への対応等実際に起こりうる状況を想定しながら研修を行いました。スタッフは全員半年に1回必ず受講するよう義務付けられておりますが今回もその一環です。

救急車がコールして何分で来るのか?また電話先の救急隊に緊張せずに場所を伝え、症状を伝え、質問に答えられるかなど細かくシュミレーションを何度も行いました。
ランニングマシン付近で傷病者を発見した場合、プールで発見した場合、スタッフが少ない時間帯の場合など、考えられるあらゆる場面での対応。

いつどんな場面に遭遇してもベストを尽くせれるよう今後も取り組んでまいります。
皆様安心してフィットネスライフをお過ごし下さい。


(石丸)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。