恵方巻に願いを込めて

店舗日誌2010.02.04

恵方巻を食べました!西南西に向かって無言でぱくぱくぱく…途中でしゃべってしまいました。
昨日2月3日は節分でしたので、巻物をかぶりついていました!

でも・・・この風習ってよく目にするの最近ですよね?自分の実家は神戸ですが、実はした事がありませんでした。お店のスタッフに聞くと東京のスタッフは昔はしてなかった。関西のスタッフは昔からしていたと。うーむ。。。自分も関西なんだけど。。。
という事でちょっと調べてみました。

やはり近畿地方を中心とした風習だそうで、節分の夜にその年の恵方に向かって一言も喋らずに願い事を思い丸かじりするのが習わし。とのことでした。昔の大阪の商人が商売繁盛を願って祈願したという説があるそうです。コンビニの商品として全国展開するようになり急速に認知されるようになったとも書いてました。なんでも商売にしてしまうんですね。。。もうすぐバレンタインですね。これも商売ですもんね。こういう事でお金を使って楽しむ事は個人的には好きですのでいいんですがまたこれからどんなものが出てくるのかそれもまた楽しみですね。

なぜ実家ではしなかったのか・・・豆まきはよくした記憶があるんですけどねー。豆まきといえば、私の1歳になる娘が保育園で豆まきをしたそうで、鬼役の先生を見て大泣きしたとか。。。なんだかかわいそう。。。
最後に私の願い事は「健康で1年過ごせるように」と願いながら食べました!まあ喋ってしまったんですけどね。。。皆様も寒い日が続いていますが、風邪など引かれないようにしてください!!


(東度)

画像(1):福を巻き込む恵方巻
画像(2):節分の夜にその年の吉の方向(恵方)に向かって一言も喋らずに願い事を思い「まるかじり」すると幸せになるという言い伝え。2010年の恵方は西南西でした。
※画像撮影者/東度
写真:福を巻き込む恵方巻 写真:節分の夜にその年の吉の方向(恵方)に向かって一言も喋らずに願い事を思い「まるかじり」すると幸せになるという言い伝え。2010年の恵方は西南西でした。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。