スタートのスイッチ

店舗日誌2010.03.24

桜も咲き始め、暖かさも安定してきましたね。とはいえまだまだ朝は寒く布団から出るのがつらいですよね。皆さんの1日の始まりは毎回決まってますか?

私は毎朝お弁当作りから1日が始まります。
すっと起きれれば手間をかけしっかりと作り、時間にギリギリの時はおにぎりで済ませてしまいます。

しかし、『スタートは必ず作る』と決めています。それは自分の感情管理を心掛けているからです。作りながら『昨日悪いこと続いたなぁ』とか考えながらやると整理が出来てくるんです。『周りにこんな表情見せちゃいけない。』とか『今日は今日。大丈夫』とか考えながらやると1日の始まりがスムーズにスタートできます。

感情管理ってすごく大切です。生きてるのは自分だけじゃないですからね。
私の場合はこの「お弁当作り」をスタートの切り替えとしていますが、「これをやったらスタートだ」という行動なら何でもいいと思います。
気持ちの切り替えをしないまま、ずるずると始まりをむかえると、その後の行動も充実しないものです。

もうすぐ4月になり、新たな環境の中で生活を始める方も多いと思います。
皆様も何か1つ「スタートへのスイッチ」を作ってみてはいかがでしょうか?


(山田)

画像(1):完成したお弁当。これを作ると気持ちが切り替わります。
画像(2):忙しい時でも、自分で作る事に意味があります。
※画像撮影者/山田
写真:完成したお弁当。これを作ると気持ちが切り替わります。 写真:忙しい時でも、自分で作る事に意味があります。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。